忍者ブログ
君と出会えなかったら この場所も見れないから 忘れないように… 長瀬智也、TOKIOがすべて… …Re-Start June 8, 2010
今日から中吊り広告が掲載されるという事で、休日の方が車内の撮影がいいだろうと、早く出るつもりが、マボラジオのテキスト作成が終わらなくてね~。 まずは三田線。あらら。中吊り前につり革来ちゃってるから、撮影難しい。そのまま浅草線乗換して。そうだ、当駅止まりがある~と、電車が着いて、客が降りる時に乗り込み撮影!としてると、すぐ出発の合図。慌てて降りたら、駅員さんがニコニコと「撮影されるなら、あちらからだと、当駅始発なので、ゆっくり撮影出来ますよ」と、反対側のホームを教えてくれました。移動するつもりだったから、横着しましたが、やっぱり、ゆっくり綺麗に撮影したいですもんね。次回また新しいのが出たら、また利用しようっと。



中吊り撮影を終えたら、今度はふくしま館MIDETTEへ移動。この暑い中、お姫様や武士の格好をした方々や、郡山のゆるキャラが頑張ってました。ココは、今まであまりポスターを貼って無かったので、今回も貼る場所が無いかなぁ~と、期待薄で訪れたのですが、入り口には桃の幟があるし、外側に向けてポスター貼ってあるし、店内にも、あちこちと貼ってあるんだけど、残念ながら、目線にあったのは、誤字指摘されてる太一のポスターだけで、あとは、壁の上の方にあって、なかなか撮りにくい。それでも、前より多いポスターには、嬉しかったです。お野菜展示のところに、小さな幟もあったし。


貼ってあるポスター観てて気付いたけど、ポスターサイズ、いろいろ作ってるのかな?縦に長いヤツと、横に長いヤツ。…ホント、今回のポスター、スタンプラリーにして欲しいくらい、多種多様で、嬉しい悲鳴かも。

それから、新宿ピカデリーで映画鑑賞。予約の時から、結構埋まってるのは判っていたけど、200席ちょいあるスクリーンで、最前列も人が入ってるくらい、ほぼ満席状態というのには、もう、ニヤニヤしちゃうくらい嬉しい状況。この3連休、新しい映画の公開もあるし、公開1ヶ月経つしという事で、段々キビシくはなってくると思うけど、ジリジリと、下がって行っても、圏内にとどまるようなロングヒットになるといいなぁ~。

この週末、時間があるようで、無いような日々で。ビビットで「2018年上半期の芸能ニュースを総まくり芸能通が大暴露!」っていうの、やってたけど、どう考えても、一番大きな話題は、達ちゃんの事、TOKIOの事で、そこは避けて通れないと、多分、太一も、そこは覚悟してる所だとは思ってたけど、ワイプでの険しい表情、眉をしかめて、うつむく表情を観るのは、胸が張り裂けそうでした。エイトが6人でツアー開始という、このタイミングでの、この話題だったので、また気持ちがグチャグチャになってます。亮が言ってた言葉と同じ言葉を、智也の口から、聴くことになる日がやってくるワケで。ただ、そこに「彼がいた証」という言葉を使えるか…いや、当然、誰もが思っていることだけど、その言葉を口に出して共有出来るかどうかは、ハッキリ言って判らない。…けど、進んでいくと決めた想いを、一日でも早く、ファンの前に現れて、音で届けて欲しいです。

あぁ…苦しい…。
PR
昨日がちょっぴり残念な鑑賞だったので、今日は、ストレスもなく、…いや、ちょっと空調が寒くて、ゴソゴソしちゃったけど、スクリーン、座席は快適。さすがに今日は、1階席は結構空席だったなぁ。2階席最前、私の隣は空席だったけど、その先にいたカップルの男性、リアクション良かったなぁ~。ムロツヨシにハマってたけど。800席のスクリーン、1日4回上映だけど、いつまでやってくれるかなぁ…。

今日のDASHは智也が出ずっぱり。島へ行く頻度も上がってるのね。リーダーと2人、ほんわかだけど、リーダーにはマジ顔でツッコめるよね。物越しのキリリな表情も頂きました。

ハウスの研究所での、カレースパイス教習(?)。失念してたけど、太一が「ウコンの力」のCMやってるから、ハウスさんの協力は得やすいのよね。智也のいろんな表情が楽しいです。そして、やっぱり笑顔が嬉しい。

ロケは4月26日から3泊4日。「彼の会見を見てから空港に向かい、同行するスタッフの方に、まず謝罪をさせて頂き、現地で撮影しながら、いろいろな報道とかを見させて頂きながら。…いろんな気持ちになりました」と、会見で話してた智也。この言葉を聴いてからのOAだったワケだけど、そんな様子を微塵も見せずに、自分に与えられた、スパイスを脳で覚えるというミッションを、キッチリこなさなきゃという、使命感が、智也をかき立てていたのかなと。今までも、智也が座長の場合は、とてもしっかり発言していて、引っ張って行ってるというのは、知っていたけど、TOKIO仕事では、末っ子感出して、ふわぁ~としていたのが、4人になってからは、積極的に発言して、スゴく頑張ってる感じがする。未知のモノには慎重で、他のメンバーが口にしてから、食べたりする智也が、片っ端から、スパイスを齧って…(ノд-。)。


「音楽と一緒っすね!やっぱ、みんな、判ってんだね。こうすれば、この音になるよっていうのがね」
毎年、七夕って、悪天候のイメージがあるけど、今年はホントに大荒れで、大きな被害が出ているところもあるし、不安です。これ以上の被害がない事を願います…。島も大丈夫かなぁ…。という事で(?)、彦星ならぬ、赤松社長に1週間ぶりに逢いに行きました。今日はTOHOシネマズ渋谷。197席のスクリーン、1/4くらい?かな。やっぱり男性一人客もちらほら。結構大きなスクリーンだったんだけど、…こんなに映像、暗かったっけ?っていう感じ。シーンによっては、智也の顔がよく判んない状態にもなってたし。音声は大き目だったんだけどね。

昨日から公開の映画も数ある中、ランキングが1コ下がったとはいえ、3位は立派。夏休みに向けて、大作が次々公開になるから、キビシくなるけど、踏ん張って、ロングヒットになって欲しい。この映画が公開されている間は、ナンとか、気持ちも保てて行けると思うから…。

平日は、時間がなくて、編集だけでちゃんと見れてない番組を、ようやくチョロチョロ見始めて。この前のトキカケ、VTRモノはホント、いらない状態だけど、その前のトーク部分は、また新たな情報が出てきて。グループメールは前々から存在を明かしていたけど、グループLINEに関しては、想像の域だったので、こうやって明かしてくれたのは嬉しいね~♪ナンとなくだけど、太一の口ぶりから、LINE始めたのは、あれ以来なのかなぁって。もっと密に、簡単に、連絡し合う必要があるからっていう判断からかなぁって【あくまで憶測です】。マボがグループLINEに加わる日が、いつか来る…よね!?画像、全然、カンケーないけど、待ってる様子を再現(?)してる智也が可愛くて~♪リアクション、楽しいわ~☆

11時間も音楽番組をやってるワケだけど、ほとんど早送りして。そうしてる間に、大きめ地震が来て、せっかくの「空飛ぶタイヤ」映像にドーン!と震度速報のテロップが出ちゃって…。サザンが終われば、もういいかなって…。HDD整理も同時進行してるけど、昨日、今日と、すばるがエイトとして出る最後っていう番組を立て続けに観てるせいか、ナンか苦しくて、TOKIOのパフォーマンスをあえて避けてて。過去の「MUSIC DAY」でも、「硝子の少年」「「明日へのYELL」「Venus」と、踊る智也だけを観たり、準レギュラーの智也との少クラプレミアムで、セッションシーンを観たり。観る度に、この番組を手放したことが、ホントに残念でしょうがない。グループ単位じゃなく、個人で出演して、これまでの事、これからの事を話して、で、グループを超えたセッションがあるっていうのは、他にはZettai、無かったからね。太一はもう、難しいだろうから、今度は智也MCで、先輩・後輩、あるいは、他のミュージシャンを呼んで、音楽に特化したトーク番組、やってくれないかなぁ~。智也ピンのMCが大変そうだったら、喋れるアーティストさんとのペアでもいいしね。

智也の目撃が少なくなってると、音楽活動の表面化が近付いてきてるんじゃないかと想像して、気持ちが落ち着かなくなり、54枚目のシングルが、どういう形で発表されるのか、発表された時の気持ちを、今から考えちゃって、泣きそうになる。
今は映画の日って言わないのかな?「ファーストデイ」ってなってるね。という事で、予約してからの、7回目(かな)鑑賞。200席のスクリーン、予約の時点で、真ん中から後方への席は、結構埋まってたけど、開場になって、ほぼ、埋まってる状態。開始間もなくというタイミングで、隣にぜーぜー言いながら着席したカップル(男性白髪なので中年くらい?)。女性が割とぽっちゃり系で、汗ぬぐいながら。で、ひと息ついたら、さっそく、ゴソゴソ、ポリポリ。…あらら・・・。その後も、前の客も、しょっちゅう、ガサガサ。あの、ポップコーンをまさぐる音って、結構気になる。氷入りの飲み物を飲むのもね。こっちは映画に集中するから、飲食は無理なんですが、ま、売ってるモンだから、しょうがないんだけどね。それでも、やっぱり2時間は、あっという間。あ、もう、このシーンの後、こうなって、終わっちゃう…って。終わって出て行く時、前のカップルが「アレ、PCさえあったらいいんじゃない。あんなにあっちこっち行く必要、無いよね~」とか言ってて。┐( -"-)┌ヤレヤレ...。それじゃあ、映画にならないじゃん・・・。全ての人にメッセージを届けるというのは、難しいことなんだな、当たり前だけど。でも、それを、一人でも多くっていう気持ちで演技して、撮影してっていうのが、演者であり、スタッフなのよね。

今日のDASH。智也は全然出ないかもなぁって思ってたのが、いきなり、「ハート」のイントロが流れたと思ったら、智也のアップになり、歌が始まり…。もう、不意打ちで、物スゴく苦しくなりました。20周年に向けて、智也が私達の為に作ってくれた曲。もちろん、池のかたちがハート♡だから、BGMで使ったんだと思うけど、こういう状況の中で流れる曲としては、ある意味、キツい。…けど、映る智也は、短い時間だったけど、カッコいい…(*・ω・`*) ポッ♪となるには十分で。作業する時のキリリな表情、たまりません~☆ココに黒板があるのに、一瞬驚いたけど、…あ、そうか、ココは大学だったわ。相変わらず、イラスト上手いな~。ご当地PRにヒナが助っ人として参加。番宣じゃないのに登場っていうのは、1人じゃ出来ないロケだから、ホントに欠員補充という形だったっていう事なのか…。次回、ようやく、インドロケの様子が見られるのかしら…。

日テレ音楽特番の番協メールが来て、そして、正式に全出演者が発表になって、そこに「TOKIO」の文字がない事に、あらためて、置かれた状況を思い知る。出演者の名前の中に「坂崎茂」で出演する、リーダーの名前が無いのは、ナンでだろ…。

いつも想像して泣きそうになる。音を届ける、その瞬間を思うと。
忙しい一週間ながらも、智也に、間近で逢えた事で貰えたパワーで、ナンとか乗り切り、ようやくの週末。テキスト起こししてる中で、滴る汗。…あらら、我が家の室温、33℃になってた…!で、涼しい映画館へ...((((=・o・)ノ ゴーゴー♪ブランチの映画コーナーで、ランキング発表時に、大ヒット御礼舞台挨拶の様子が流れて。始まる前に、係の人に説明受けて、机の下をのぞき込んでる智也。ナンだったんだろう?っていうか、係の女性が机の下に居たって事、認識してなかったなぁ。そりゃそうだね、横の監督も残像記憶しかないんだから。見る度に、目に飛び込んできた、智也の笑顔が甦ってくる♪

今日は、一度観たいと思っていた、丸の内ピカデリー2階席最前列からの「空飛ぶタイヤ」。ここ、ベストだわ!今までで一番、見やすく、堪能出来ました。ただ、最前列は人気席らしく、いち早く埋まってましたね。私の横に、白髪の男性一人客(ちなみにもう片方には、ミニスカートの二十代?らしき女性1人客)。他もやっぱり年齢層が高い。ま、10時台の映画だからね。その男性一人客、49日法要後の、私の大好きなシーン、智也が車に向かうトコで、男の子が走ってきた時、いきなり声をあげたから、ビックリ。 ナンて言ったか、聞き取れなかったんだけど。その後、智也が息子の寝顔を観て泣くとことか、TV中継を観て歓喜してるシーンとかで、グスグス・・・。こういう反応あること、伝わってるかな?終わった後、前を歩いてた女性二人組が「やっぱり、あの人、上手いね~、長瀬」って声が聴こえて、(o ̄ー ̄o) 顔がニヤケちゃいました。今日はスクリーンがホントに目線と一緒なので、智也の顔が、ばーんっ!と迫ってきて、その眼の演技に、釘づけでした。言葉なんかなくても、全然伝わってくる思い。…この、寺脇さん待ってる時の社長が好き。来たのを気付かないくらい、思いつめてる。で、見上げた表情は、とっても儚げに見える。最後の切り札を持って、賭けたんだよね、「それでも信じてんだ。精いっぱいやった思いが誰かに届いて奇跡が起きることを」と。…また、観たくなってきた。

今日のブンブンブーン【正式にはブンブブーン。ココでは智也が名付けた(?)呼び方で書いてます】、アレ?と思ったら、やっぱり、DASHのラーメン作りで、智也が訪れたお店でした。あーあ、ココはまだ行けてなかったのになぁ…。KinKiちゃんの番組で出ちゃったら、当分ダメだろうなぁ~。2種類出てきたラーメンだけど、やっぱりね~!智也が食べたラーメン(アグー豚の)の方を、光一が食べるってね~。1軒目のお店、先週、映画を観る前に、入ろうかなぁと思った店だったし。まぁ、かき氷、1杯全部食べ切れる自信ないから、頼もうとは思わなかったけどね。

映画のプロモが一段楽して、いよいよ、音楽活動に向き合うんだろうなと思ってたけど、SLIDERを読んだら、そんなことは、関係ないのね、智也の中では。どんな時でも、音楽の事が頭にあって、考えていて。音を通して、智也が伝えたいという気持ち。受け止める用意はしているよ、みんな。

6月も終わり、今年も残り半年。

いろいろ変化する、残り半年。
ホントにネットで画像が解禁になって、良かった~。そりゃあ、枚数制限みたいのがあって、他の人よりは全然少ないけど、WSでやるにしても、やっぱり速報!っていう形で観れるって事、参加出来なかった場合は、とっても嬉しい~。

開場時間になり、さっさと中へ入っていくと、チケット確認の列が、何故か、細く仕切られ、蛇行状態になってて、で、通路奥は、煌々と、ライトが照らせれ、左壁にマスコミ陣?がズラッといて。カメラを担いでる人がいたから、え、インタビューとかされちゃうの?!と思って、進むと、パッと目の前に、水玉シャツにベスト着用の智也が、満面の笑みを浮かべて、待ってる~!「わ、智也~♪」って、思わず名前呼んじゃった。「どうもありがとうございます~♪」と、えくぼぺっこりんの笑顔で、大入袋を渡してくれて。「大ヒットおめでとうございます」と、伝える事が出来ました。ライトに照らされてるし、映画観る時にかけようと思ってたメガネ(Zoff)をかけてたから、もう、智也の顔がくっきり、ハッキリ目に焼き付いて。席についても、心臓バクバク。秋田からの帰り以来!?久々の感覚味わいました。居ると思わない登場は、ホントに、心臓に悪いです。

割と早めで入ったので、徐々に席にみんなが付き始めて、それぞれの、サプライズ体験を反芻してるのを聴いて、あ、監督もいたんだと、思い出して。…何にも、…あ、白いジャケットを着てた人が隣に居たという残像だけはありますが…。興奮覚めやらぬ中、始まった舞台挨拶。登場が、ちょうど目の前の入り口からだったので、背中に光を受けたシルエットだけだけど、智也と解ったから、またまたテンションがあがり、でも、ジャケット着ちゃってたのが、ちょっと残念─(´゚ω゚`|||)─!!。ホント、シャツのシルエットが素敵だったんでね~。ステージに上がると、すぐ前方にいるディーンファンの振るサイリウムに反応して。こういう時、ジャニファンの方が、周りを気にするかも知れないですね…。智也が、「何が大ヒットか基準が判らないけど、いろんな会社の人が喜んでるのが良かったなぁ~と思ってる」って言ってたけど、ホントにそうなんだろうなぁ。TYTDの時も、興行収入言われてもピンと来てないって言ってたしね。こういう風に、結果が出ても、智也の基準はそこには無いもんね。ただ、周りの人が喜んでるなら、嬉しいって事だよね。監督が映画会社だけの制作で、ココまでよくやってるって、言ってたけど、今は、TV局が入ったり、他の制作会社が入って作るのが多くなってる中で、大健闘なんだろう。この映画をやれた事、ホントに大きな意味を持って来るんだろうね、この先に向けて。このまま、じわじわでいいので、ロングヒットになるといいなぁ。よく、おでこの汗をぬぐうような仕草をしてたけど、顔に汗をかかない女優さん(?)も、今日は暑かったのかな?そういえば、場内、寒い!っていうのはなく、私も上着脱げる状態だったから、ライトが当たってた智也は暑かったのかも。

フォトセッションは客席中央通路でという事で、一旦はけてから、準備終了後、再度現れたんだけど、通路にスタンバイしようとしたら、その前方、後方の人達、立ち上がって、2人に詰め寄ってて。いやぁ、ビックリした。映画の舞台挨拶だから、応援上映とかなら、ともかく、LIVEとは違うし、グッズ関係とかも、持って行く気には全然ならないんだけど、あちらのファンの方々は違うみたいで。もちろん、立ち上がってた人たちは、全部、あちらのファンの方だけじゃないでしょうけど…。まぁ、キャーキャー騒がれる方が盛り上がってる感が伝わるんでね、特に注意もされてないから、ダメではなかったんでしょうけど、ちょっと気になったのでした。それでも、智也はこのイベントを盛り上げようと、ニコニコで楽しそうで、そんな智也を観てられるのは嬉しいです。

今日は、大きな決断をした事もあり、気持ち的に前を向く準備をする時だったから、そんな日に、智也から大きなプレゼントをもらった事は、やっぱり必然だったのかな。

いつもいつも、智也にとっても助けられてるよ。ほんとうにありがとう。


TOKIO長瀬智也サプライズで大入り袋を入り口で配布!ディーン・フジオカ「あともうちょっと早く来たら」とお茶目に悔しがる

長瀬智也、「空飛ぶタイヤ」大ヒットで大入り袋直接配布「100年後も残る作品」

長瀬智也、人生初大入り袋手渡しも「おさわり禁止」

長瀬智也、手渡しのファンサービスに大満足「笑顔になるのがキュンとする」

突然の長瀬智也に、観客絶叫! 大入袋配布でディーンも羨ましがる/

TOKIO長瀬智也 サザンオールスターズを絶賛…桑田佳祐を尊敬

TOKIO長瀬智也のサプライズにファン叫ぶ、崩れ落ちる…ディーン・フジオカ「僕ももうちょっと早く来れば」<空飛ぶタイヤ>


今日は、ナンだか、過去の思い出を振り返るような時間があって。思い出はどんどん増えていくんだけど、その速度や量は反比例。密度が薄くなっていく。それでも、共有出来る、一緒の体験は、やはり宝物。何年経っても、「あの時はね~」と、脳内ではすぐにタイムスリップ。

今日のDASH。やっぱり、いろいろと、ツラいです、この番組を観るのは。それでも、彼らが、一生懸命、前に進んでいるから、ちゃんと見届けないと、という、ある意味使命感。相変わらず、島の時系列は、こんがらがってくる。屋根を上げる作業とか、「大きいチョコレートケーキみたい」【byスイーツ男子智也~☆】な三和土作りや、耐火煉瓦積みまでは、たまたま、4人だった今年の初めぐらいなのかな。ナンか、あらためて、メンバーがスゴいなぁと。リーダーが番線で四苦八苦してるトコ、あーだ、こーだと言いながらも、決して責めることなく、結局はフォローして。まぁ、ちょっとイラッとしてたリーダーに気付いたからだよね。床板の時と一緒。そして力を合わせるところの牽引力は、さすが。でも、やっぱり、ツインタワーの肩やら腰やらが、マジで心配でした。2人とも、腰はダメだよね。智也は首も弱いし…。【ナレーションで、「これ以上メンバーが減っては…」とあったの、ちょっと…いや、かなり、グサッグサと来ましたよ…】そして、耐火煉瓦積みでは、下手にやると犯人捜しされるって、智也が(q`0´p)ブーブー言ってましたが、確かにOAで、そういうトコやるよね~。それでも精神年齢14歳コンビの智也&太一、お互い上手に出来て、でも、褒めてくれる人達が居ない事で、慰めあってるのが可愛い~♪やっぱり、気が似てる。で、炉床が出来上がったのが、今年の春ぐらい?…まだ6割。

そして約1ヶ月遅れた田植え。毎年、ZIPで、そのネタを話してたよなぁ。気になりつつも、待っていてくれた福島の皆さん。6年ぶりの畑訪問の太一を、懐かしんでくれて。ツインタワーの訪問も、きっと待ち望んでるよね。

今日は和歌山で流しそうめんロケだったようだけど、かなり混乱してたのね…。こういう時に、矢面に立っちゃうのがタレントだから、哀しい…。
この1週間もメチャクチャ忙しくて、1日の半分以上を会社で過ごしている為、何をするのにも時間が足りない。大好きな事に時間を使えない最近の状況は、本末転倒。今日も朝から、溜まってるラジオテキスト起こしをしてたら、朝日新聞に素敵な折込があるという情報。なので、テキスト起こしを理由に、今週末もジムに行かない予定だったのを、急遽、出かけることに。そうだよ、ヲタ活動するのには、重い腰も上がっちゃうのよ。エリア広告の範囲がイマイチ、よく判らないけど、ジムの先にある朝日新聞の販売店で、無事ゲット。AERA本誌と一緒だけど。その後、ローソンでLoppiの前で時間前から待機するも、Webと共に撃沈…。今回もダメ…。ナンで先着順っていう販売方法にするかなぁ…。

あまり期待してなかったけど、意外に面白かった林センセ。やっぱりTVにこれだけ出てるっていう事は、それなりにお話が面白いからなんだろうな。これまでの歩みを興味深く聴いてたのは、全然違う境遇に、はたまた、一緒だ!という事に、楽しくなってるんだろうなぁ。たしか、トマトは、嫌いじゃないけど、あまり得意とは思えない智也も、美味しそうにジュースを飲んでましたね~♪なのに、せっかくの智也のコメントが、マボに遮られちゃって、言葉をグッと飲み込んだ智也に、ちょっと胸が痛みました。相変わらずだね、引いちゃうトコ。

「おさんぽジャパン」は忙しくても毎日編集してるから、予告で太一がピアノを弾いたと判った時からもう、涙腺緩かったけど、金曜日、ピアノを見つけて、「LOVE YOU ONLY」を弾き出した姿には、もう号泣レベル。普通なら、メロディを弾くだろうけど、太一が弾いたのは、いつも弾いてるであろう、TOKIOのキーボーディスととしてのフレーズ(多分)。どんな気持ちで弾いたのかなぁって、キュッとしちゃいました。「ビビット」にニノが番宣で出てたけど、太一がやりこめられながらも、楽しそうで、嬉しそうで、とってもホッとした。「週刊ニュースリーダー」観てたら、タイヤのCM。アレ?新しいバージョン?と、慌てました~。そういえば、公開記念舞台挨拶の時、ロビーを撮影してたなぁと思い出しました。客席も、結構しっかり映ってますね~。こういう感じに、ドーン!と大ヒット御礼って、謳えるのが嬉しいです。お祝い言いたいです、ホント…。

まだ2ヶ月という時間しか経ってないんだって事、信じられない。2018年は、まだ半分。
今朝はホントにビックリしました。休暇を取得したので、ゆっくり、ZIP!やめざましの、舞台挨拶の模様やインタビューの模様を観て、じゃあ、次はビビットとスッキリだぁって思ってたら、地震速報。昨日も群馬で大きな地震あったし、最近、ナンか、地震速報よく見るなぁって、名古屋からの帰りに話してた所でしたから。そして、やっぱり思ってしまいました。…昨日じゃなくて良かった…。不謹慎だけど。2011年3月のPLUS LIVEツアーを思い出しちゃうよね。LIVE後に起きた震災。今日、飛んじゃったネタ、お蔵入りになっちゃうかな…。PON!は観たかったなぁ…。

昨日は、帰京後、HDDを開けるのに、必死だったのと、管理画面にアクセス出来ない事もあったので、本日あらためてブログ作成。久々の遠征。待ってたよ、ホント。丸の内では、あまり智フレには逢えなかったけど、ココでは、結構、参加されるという事で、それが楽しみでした。LIVEが全然なく、遠くの智フレ、TOKIフレに、なかなか逢えないから、こうやって、みんなが集まれる現場がある事、茂子のイベントもそうだけど、ホントに嬉しいです、それが例え、短い時間でも…。

3度めにして、ようやくほぼ正面から、そして、適度な距離からスクリーンを観ることになり、ココで、こんな目をしてたんだ、こんな表情だったんだ、と、新たに発見するトコが、多々ありました。やっぱり、観る場所って、重要だなぁ~。回数を重ねると、気になってるトコを、確認する作業が増えてくるんだよね~。今回は、最初に観た時から気になってた、映像が、ところどころ、揺れるのを感じた事、やっぱり、それが、心情と重なってるのかもって、思ったり、回を重ねる毎に、違う想いを感じるのかも知れません。ムビチケ2枚あるし、まだまだ観ますよ、何度でも。賞を獲った映画が気になりつつも、この週末の興行成績も好発進だし、大ヒット御礼舞台挨拶をやって、更にロングヒットを狙って欲しい~!

上京してる智フレが行くというので、私も行ってみたかった所へ同行。まずは、純喫茶。ココは、2度もロケで使われたからね。ホントにレトロな喫茶店だけど、確かに居心地悪くないんですね、喫煙可という事を除けば。テレビを観たと言ったら、嬉しそうでした。お店の外には、日経新聞折り込みの記事が貼ってあったしね。モーニングの時間だったから、ランチは食べなかったけど、智フレはカレーをオーダー。ハンバーグが入った、ガッツリカレーでした。 それから、今度は原宿へ移動。購入する気は無かったんだけど、やっぱり、欲しくなったので、散財。自重しようと思ってたんだけどね~。お店を出て、駅にと、歩いていたら、向うから、とってもカラフルなカップルが歩いてきて、女の子が、お腹が大きかったから、アレ?と思ったら、ぺこりゅうでした。ホント、あのまんま。周りの人達みんな、2人に気付いてたけど、声をかけるでもなく、観てるだけ。仲良く2人きりで歩いてたから、プライベートなんでしょうね。

竹下通りを通るのがヤダから、表参道へ出ようと歩いてる時、ふと、そういえば、「おしゃれイズム」で智也が行ったフクロウカフェが、この辺だって、思い出し、まだ時間があったから、行ってみました。ちょうど、5、6人の客が帰る所だったので、店内には2人組の女性だけ。高校生の頃、合宿所の隣の民家の庭に飼われてたフクロウを観て以来、大の猛禽類好きなので、ホント、来たかったんですよね~。テンション上がるなか、いろんな子を撫でてみました。想像はしてたけど、それ以上にフワッフワ。1羽、今日は触れないコがいて、扇風機にあたってる状態だったのを除けば、全部に触れて、腕に乗せられて。

やっぱり腕に乗せるのは、智也と同じ子を指名して。レッドテイルホークが1kgって言ってたけど、最初は軽いって思ってても、腕を固定したままキープしてるから、5分も乗せていられない感じ。顔をじーっと見ても全然大丈夫。そして、やっぱり、クロノスはガブリ!最初はやっぱりビックリするけど、慣れれば大丈夫。でも、智也を噛んだコだからと、何度も噛ませてたら、痣になっちゃった(^-^;。 夕方に休憩時間になるので、がぶがぶしてたクロノスも、こんなに耳(の羽根飾り部分)が立たせてオネムでした。

今度は猫カフェ行きたいなぁ~。くしゃみ連発を覚悟しなくちゃいけないけど…(猫アレルギーです)。

『万引き家族』が2週連続1位を獲得!『空飛ぶタイヤ』が2位スタートのほか、新作3本がランクイン


昨日、初日を迎えた「空飛ぶタイヤ」。今日は公開記念舞台挨拶という事で、カウコン以来のナマ智也。久し振りのTOKIフレと、始まる前に、いろいろ話して、既に泣いてしまって。お互い、PTSDに苦しんでる事で、その想いを共有するのは、やっぱり大事。真ん中よりやや後方位置だけど、十分に堪能出来る距離で、スクリーンも見やすい。残念だったのが、スマホがブーブー鳴ったり、それを止めるのに、ゴソゴソしたり、または、チェックしたりと、隣の20代?くらいの、どうやら後輩ファン女が目障りでね~。とは言っても、やっぱり映画にのめり込んじゃうんだけどね。で、いよいよ舞台挨拶。司会進行は、この前のJRイベントの時と一緒の荘口彰久さん。川柳イベントも司会してたようだから、明日も彼なのかな?呼び込み受けて、キャストが登場。深キョン、階段昇る時、膝から下が、見えて、Sexy~♪【階段を降りる彼女を、前を行くディーンさん、エスコートしないの!?ってツッコミしちゃったわ】完成披露を観ていないから、3人横並び状態を初めてナマで観たけど、やっぱり、智也の顔の小ささ、そして、何よりも、足の長さは、ホントに圧巻!こればっかりは、何度見ても、何回もほれぼれする。キャスト&監督の挨拶が終わり、MCから「最近起きた大逆転」というお題を振られ、…となる皆さん。そこは、さすがの智也で、すぐに喋り出してフォロー初めて。MCも「ここはクロストークで、皆さん自由に」となるから、当然仕切るのは智也。そして、寺脇さんも、すかさず、加担してくれて、まず、口火を切ってくれました。前回のJRイベントでは声が嗄れてた寺脇さん、今日は絶好調でした。(ちなみに、監督は、少し良くなってたけど、まだ、ちょっとガラガラ)さすがジャニーズってなったのが阿部顕嵐。今はJr.でも単独コンサートがあったりして、喋る機会が、昔より多いと思うんだよね。だから、こういう場所で、ちゃんと喋れるっていうのは、強いよね。それに、きっと、彼が撮影時に、いい時間を過ごしたんだろうって、想像出来るような、周りのキャストの反応があって、いい経験出来たんじゃないのかなぁ。初映画出演作品が、この映画で、それが、たとえ、バーター出演であっても、この経験をどう活かすかで、この後があるか、ないか、決まるよね。ディーンさんは、最近、トキカケに出たり、智也と一緒のインタビューが多くなったせいか、最初に抱いてた感じと、ちょっと変わって来てて。今日も、登壇する前、ずーっと、2人で喋ってたって【早くみんなに言いたいって、その内容が、とても気になります。】言ってて、もちろん、智也が芸歴では大先輩でっていう事で、ちょっと遠慮があったようだけど、智也は、スゴく気に入ってるよね?彼の事。この出会いが刺激になって、また、智也の音作りのスパイスになるかもしれないですね~。智也は、喋る人の方へ体を向け、アッチを観たり、コッチを観たりと、大活躍。ホントに座長さん。そんな智也に、監督からのお手紙というサプライズ。

監督が読んでる間、監督の方を観たり、うつむいて、下を観たり、きっと嬉しく、感動してると思うけど、ちょっと所在無げにしてる感じが智也っぽいなぁと。きっと、他にもキャストが居る中で、自分だけという事、嬉しい中にも、気を使ってるのかなぁって思えちゃってね。監督の言葉は、どれもこれも、嬉しい言葉だらけで、聴いていて、泣きそうでした。「俳優、長瀬智也が、次が、どんな役柄に挑戦するのか、それが観たい。心からそう思います」全くです。でも、アイドル長瀬智也もZettai、必要ですからっ!


cinemagene.com


news.mynavi.jp


news.mynavi.jp


news.mynavi.jp

| HOME |  次のページ≫
[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6
カレンダー
06 2018/07 08
S M T W T F S
2 3 4 5 6
9 10 11 12 13 14
15 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カウンター
Twitter
アーカイブ
Blogram
ブログ内検索
バーコード
アクセス解析
NINJA ANALYZE
Admin / Write
忍者ブログ [PR]