忍者ブログ
君と出会えなかったら この場所も見れないから 忘れないように… 長瀬智也、TOKIOがすべて… …Re-Start June 8, 2010
毎日、ナンだか、カンだか、いろいろあって、気持ちはワクワクして、いろいろ感じる事もあって、…でも、かなり追われている毎日で、ブログ更新の気力がなく、今日に至ってしまいました。まだまだ初っ端なのにねぇ。今日も雑誌や新聞が出たし。こっちが嬉しい悲鳴が出るくらい、メディア登場が多いけど、それは、智也が、ヘトヘトになるくらい、取材に応えてるという事で、一つ一つが、とても大切なモノに感じます。これだけたくさん出ていても、智也の言葉はブレることなく、伝えたい事は一貫してて。特に、「TVガイドPERSON」は、じっくり語っていて。おばあちゃんのトコでは、涙が出ちゃいました。グラビアはどれもステキで、「フラジャイル」、「TOO YOUND TO DIE」と、二つも楽しめて、嬉しいね。(*'ー'*)ふふっ♪といって、張り付けたのは「TV fan CROSS」ですが。ホントは、足を伸ばしてる方がいいんだけど、智也が切れちゃってるでしょ!?神木くん横のパーテーションなんかを入れないで、智也をちゃんと入れてよ!って、カメラマンに文句言いたい(●`ε´●)!

ナガスタと、太一ラジオで「fragile」が流れました。やっぱりFullで聴かないとね、智也曲は。会社でコソコソ聴いた時に、AメロからBメロへの間奏で、あぁ、智也曲~!って。「ハート」を彷彿させる音だと思ったんですよね。で、ゆっくり聴いたら、いろんな音がまた聴こえてきて、智也の歌声も、また雰囲気があって。太一が語ったメイキング秘話に、心ギュッとなって。智也への負荷があった曲なんだなと。もちろん、今までだって、Offerに対して、曲を作ってきたワケだから、太一が言うように、これが当然の事なんだよね、自身で曲を一から作っていくって事は。意見を聴いて、作り直してっていう事を繰り返して、曲が出来ても、鍵盤が、弦が、ドラムがって、レコーディングでも、時間をかけて。CX番宣をしばらく見てなかったから、今までがどうか判らないけど、日テレやTBSとの宣伝量が違うように感じて、チカラが入ってるように見えて、局の智也ドラマへの期待値が高いように思うのは、贔屓目かな。だから、主題歌も多くの人に聴いてもらえるように、音楽番組にたくさん呼んでね~♪

観てて気になった事。
①ホンマでっかTVで、マツコが、智也の腕をちょっと触りながら喋ってるのを、後ろにいた島崎和歌子&内田有紀が指差して笑って観てた事。
②トキカケで、リーダーが20年以上同じトコに住んでいるのを、メンバーみんなが知ってる事。

リーダーラジオにて。
長江 健次「元ジャニーズ、中村繁之が、コラボでいろいろ。マッチの曲を去年、歌ってくれましたからね」
リーダー「あ、そうそう」
長江 健次「繁くん(中村繁之)はマッチの後ろでね、踊って。繁の後ろでTOKIOは踊ってたんですか?」
リーダー「あの、一緒にミュージカルやらせて頂いて、スゴい、世話になった、一番世話になった先輩ですね、個人的には。自分が、事務所辞めようか、どうしようかって、迷った時があって、デビュー前に。で、繁くんに相談して、『お前、辞めるの簡単だけど、戻ってこれないぞ』と。『その前に、辞める前に、お前は、やりきったのか?』と。『やりきってから言えよ』と言って、背中を押してくれた先輩です。その言葉が無かったら、多分、辞めてたかも知れないです」
長江 健次「(会った時)言うとくわ」
リーダー「ヨロシクお伝えください」

リーダーも辞めようと思って、相談した事があるんだね~。

拍手

PR
[1950]  [1949]  [1948]  [1947]  [1946]  [1945]  [1944]  [1943]  [1942]  [1941]  [1940
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
2 3 4
6 10 11
13 15 16
22 24 25
26 27 28 29 30
カウンター
Twitter
アーカイブ
Blogram
ブログ内検索
バーコード
アクセス解析
NINJA ANALYZE
Admin / Write
忍者ブログ [PR]