忍者ブログ
君と出会えなかったら この場所も見れないから 忘れないように… 長瀬智也、TOKIOがすべて… …Re-Start June 8, 2010
毎日のラジオに加え、20日は生放送ゲスト出演もあり、21日は送別会で帰りが遅くなったから、トキカケも見れてない状態で、時間が欲しい~!って悲鳴をあげてましたが、ようやく金曜日。でも太一ラジオがあって…と、全然一段落しない。その間に久々DwangoのCMあるし、そろそろJ-Stormも来そうだし、いつもとりあげてくれるZIP!も、今回は月曜、金曜と、2回も特集してくれるし、嬉しい悲鳴っ!「School of Lock」のテキストが、あまりに長くて、ブログ書いてる時間が無い…ので、テキストは途中でSTOPして。やっぱり今朝の「ZIP!」を語りたいよね~。お部屋に入って来たTOKIOくんたち。智也がZIP!ポーズして、達ちゃんが「TOKIOが来ましたよ~」と言うと、智也が「いつもの達也くんじゃないですよぉ~」って、達ちゃんの肩を掴みながら、この笑顔。今回は、MC側ではない立場を強調。

それぞれターニングポイントになった曲を挙げて行くが、まず達ちゃんが「どいつもこいつも」。レコード会社移籍ということで、ダンスをMVでするという新しいことが出来たと。達ちゃんが「レコード会社の移籍はファンには判らない」って言ってたけど、全然そんなことはなくて、やっぱりユニバーサルに映ったからこそ、TOKIOの音楽性が、アイドルが歌うような曲から、応援ソングに移行し、いろいろやれたことがあったから、大きい出来事。関係なくない出来事。マボがMVの監督やったのも、そういう事だし。というので、トラG MVの話題。言われてみれば、2004年春だから、智也も25歳と若かったから、そんなジャニタレさんが、水着の女性たちとベッタリっていうのは、通常考えられないワケでだけど、それを出来たのもTOKIOだからだね。続いて太一は「みんなでワーッハッハ」を選び、つんく♂さんとの出会いの事。それまでも、作家陣には、アーティストもいたし、それなりの人たちに作ってもらってたけど、きっと、つんく♂が初めてなんだろうね、レコーディングまで立ち会ったのは。それから、宙船や雨傘みたいに続いていくんですが。そして智也が選んだのは「リリック」。理由は思った通り、これからのTOKIOのスタイルが始まった曲だからね。「人っていう温かさを描けた」って、嬉しそうな顔で喋る智也に(*ё_ё*)きゅん・・。そしてリーダーは「明日を目指して」。これもリーダーらしい選曲だよね。もちろん、メンバー作初シングルだから。この時のトキステでも、ずーっと言ってたもんね、メンバー作初のシングルって。さすがだわ。最後にマボが選んだのは「東京ドライブ」。20周年で「TOKIOは終わった」ちょっと語弊があるけどね。言いたいのは、新たな気持ちで「LOVE YOU ONLY」のような気持ちでと。「LOVE YOU ONLY」で始まり、49作めの「LOVE, HOLIDAY」で、「LOVE」でまとまったということで、チャンチャンと。

で、ココで智也が、告白!「どーでもいいことなんですけど」と前置きして、教えてくれたのが、達ちゃんが指弾きではなく、初めてピック弾きになってるって事。綺麗な指に見惚れちゃうけど、小指の指輪が気になる…。結局は、智也がお願いして、弾き方変えてもらったんだけどね。ESSEで、この曲でベースを変えたって載せてたけど、智也がピック弾きして欲しいって言ったから、ベースを4弦にしたのかなぁ。この辺のくだりがね、いいんですよ!「何でも任せてくれたのが、今回はピックでいこうよ」って智也が達ちゃんに言ったとか、それを聴いて太一が「こだわりだよねぇ」って、智也のことを褒めるような言い方してたりね、曲を作り上げる為の、彼らの想いがホントに感じられて、嬉しくてしょうがない!

今日来た会報に、リーダーがMVのネタバレしちゃってて、また楽しみが増えました♪ジャニショで、久々生写真販売もあるし、来週も落ち着かない―!以前の様に、いろんなラジオ番組にコメント出演するようなプロモもあって、頑張ってくれてるから、ホントに多くの人に聴いて貰いたいですっ!

拍手

PR
[1904]  [1903]  [1902]  [1901]  [1900]  [1899]  [1898]  [1897]  [1896]  [1895]  [1894
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
4 7
13
16 20
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カウンター
Twitter
アーカイブ
Blogram
ブログ内検索
バーコード
アクセス解析
NINJA ANALYZE
Admin / Write
忍者ブログ [PR]