忍者ブログ
君と出会えなかったら この場所も見れないから 忘れないように… 長瀬智也、TOKIOがすべて… …Re-Start June 8, 2010
日帰り地獄。だけど、智也がいるから、そこは天国。…

6時前にリストバンド交換場所に到着すると、先着組が20人弱?ぐらい。ココから、やっぱり道のりは長くて、イライラすること、数回。しょうがないんでしょうけどね。それでも、ある程度、誘導してくれる部分があるから、ダッシュ!((( 三( -_-) する距離は少なくて済みました。METROCK TOKYOで一番広くて、大きなWindmill(風車)が、真後ろに見えるステージ。地獄図の次に出るバンドの2曲を、Sound Checkという事で聴くことが出来ましたが、なかなか素敵なバンドさんでした。こうやって新しい音に触れることが出来るのも、フェスの醍醐味です。ホント、ナンでTOKIOは出ないんでしょう…。テレ朝弘中アナ(Mステの司会者)の説明・紹介の後、スクリーンに出演者の名前が次々と出て場内の興奮が上がってくる。居た位置からはスクリーンが、ステージ横のセットに隠れ、ちょっとしか見えないんだけど、「Opening Act」と出た後「地獄図」と出たら、スゴい歓声。そして、SEにおどろおどろしい音が流れてくると、獄卒の方々登場。映画では、人間の姿が残ってる人が多かったのに、今回登場したのは、ほぼ化け物姿。10人ぐらいいたかしら?場内を煽りつつ、ウロウロしてると、間もなく、一際大きな歓声が起こり、地獄図メンバー登場!神木くんが最初だったかと。Cozy、Killer K、そして邪子。もう、みんなカンペキ、役のまま。神木くんも、どう見ても大助にしか見えない感じ。さすがだなぁって思うのが、何も言わなくても、場内のテンションを上げるように出来るんだもん。イントロ流れて歌うのかと思ったら「地獄へようこそ Mother F〇〇〇~!」うわぁ~、Killer Kだぁ~!…どうやら、ギターは、音出てない??ま、ギターアンプ、無かったよね?ボーカルアンプしか設置してなかったんじゃないかしら。でも、シャカシャカ聴こえるから、智也はちゃんと弾いてるんだけど。「Michal Jackson」の時、踊ってくれるのかと思ったら、1番(英語詞)では、ギターを弾きながら、途中で思い出した?って感じで、残念。サビの「TOO YOUNG TO DIE~」は一緒に歌ってる声が多数。Killer Kも髪をかきあげ、耳に手を当て、場内の歓声をさらに煽ってて、たまりません!サビ終わって、2番(日本語詞)へ行くかと思ったら「地獄へようこそ」と。COZYが「ここは地獄~」、Killer Kが「METROCK~」と、二人で歌いあってる。それから、ドンドン!ドンドン!っていう音に合わせて「METROCK~」と、再び、場内を煽るKiller K。「オレたちは地獄から来た~!そう!日帰りでやってきた」さすがだわ~、やっぱり。「地獄専属ロックバンド 地獄図だぁ!」「メンバー紹介をしよう!まずはコチラ~!」と神木くんの方を向いたから、彼なの?と思ったら、「オレ様がVocal & Guitar、Killer K!Mother F〇〇〇~!」すると、音がするのに、COZY、ドラム叩くフリしつつ、前に来てるし!「そして on the drums~!COZY~!」と紹介。【m-on!musicのサイトに詳しく載ってました】カメラにアピールしたり、ドラムに戻る時、お尻振りながら歩いたりと、自由にやってます。意外にお尻が小さくてビックリでした(^ー^* )♪「そして~、邪子~!on Base~!」ずーっとニコニコしてて、とっても可愛かった~♪ベース、カッコよーく弾いてたし。で、「OK!地獄図の新メンバーを紹介しよう!」と言うと、神木くん以外の3人がピタっと止まる。Killer Kは屈んだ状態で静止。「あ、え~、皆さん、関大助です。すいません、ナンか、ありがとうございます。17歳です」と自己紹介開始。この詳細も、いろんなサイトにありますね。シッカリ映画の宣伝してくれて。喋り方とか、もう、完全に大助なんだよね。やっぱり役者さん☆彡「はい、以上です」で、困って(?)「長瀬くん…」って!ゞ( ̄∇ ̄;)ヲイヲイ、せっかくの世界観、台無しになっちゃうから!すると、間髪おかずに「Mother F〇〇〇~!」と叫んで、元に戻すのも、さすがのVocalさん♪「TOO YOUNG TO DIE、TOO YOUNG TO DIE!みんな歌え~!!」で、会場中の大合唱!気持ちいい~♪「もっと聴かせてくれ~!」嬉しすぎる智也の煽り~!「みんなとっくに地獄に堕ちた~」「カッコよすぎて地獄に堕ちた~」から、2番へ。で、「下半身は~」で、今度は、ギターを後ろに廻し、ジャケットを翻して、下半身を強調(?)させて、「マイケル・ジャクソン!」のトコ、彼の特徴的なフリをクイッと。("▽"*) イヤン♪SEXY~♪「Thank you, METROCK~!」「地獄の映画館で逢おう~!」と、ステージを降りて行きました。

無欲の勝利なのか、運よく一番前に行けまして、目の前で堪能することが出来ました。ステージ際まで来てくれる事、数回、ホントに近くて、カラコンしてる瞳で見つめられて(錯覚上等!)引っくり返りそうでした。風が涼しいとはいえ、この暑い中、役衣装そのままで(インナーの記憶が定かでなく)、ブーツも履いて、金髪のヒゲもしっかり付いて、汗一つ、かいてなかったですね。まぁ、正味12分くらいのパフォーマンスだったからかも知れませんが。短パンにレギンスという姿は、ホントにほっそりしてて、全体的に、やっぱり細いなぁと感じたかな。ギターが重いって言ってたと思うんだけど、衣装に合っているせいもあって、そんな事は全然感じさせなくて、でも、一瞬、カツラがクッと動いた時に、おっ!と思ったけど、もう、ホント、Killer Kという鬼が存在してる感がバッチリ。ステージを移動する時に、ふわーっとなるジャケットの感じとか、髪も、ファサッァーとなる感じとか、ホント、綺麗でカッコよくて、トロケました。世界観を作り上げるのが得意な智也らしいなと思ったのが、神木くんの自己紹介の間の静止中、チラッ、チラッと、目線を上げて、状況観てるんだけど、神木くんの言葉に、笑ったりする反応を一切見せずにいて、さすがだなぁって。このバンドのプロデューサーは智也なんだよね。たった1曲だけど、大いに、その存在感をアピールできて、大成功だったと思います。だから、やっぱり、もっと多くの人に見てもらいたいから、是非、TVでもやって欲しいですっ!この映像、必ず、ディスクに入れてよね~!ドコか、WSが扱ってくれるといいんだけど。ビジュアル、再確認したいですぅ…!

とても充実した半日でしたが、喉が大変なことになりまして、声が変わってしまいました。というより出なくなってる?咳も治まらないので、明日は、余韻に浸りながら、別人の大喜利、そして、もしかしたら、過去映像出演?のDASHを見て、休養します。

自己紹介のトコ、詳しく載せてるので、是非!
長瀬智也、神木隆之介らによる地獄専属ロックバンド“地獄図(ヘルズ)”がメトロック緊急参戦!「ぶっちゃけ、映画の宣伝で来ちゃいました」


<METROCK>長瀬智也、神木隆之介ら地獄図、“日帰り”で現世に降臨

長瀬智也「日帰りで地獄から来た!」地獄図が参戦フェスで熱演

TOKIO長瀬、地獄の鬼メイクでメトロック登場も神木隆之介は「サカナクション見に来た」

長瀬智也、神木隆之介ら“地獄図”がフェス参戦「ぶっちゃけ映画の宣伝で来ました!」

拍手

PR
[2041]  [2040]  [2039]  [2038]  [2037]  [2036]  [2035]  [2034]  [2033]  [2032]  [2031
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
2 3 4
6 10 11
13 15 16
22 24 25
26 27 28 29 30
カウンター
Twitter
アーカイブ
Blogram
ブログ内検索
バーコード
アクセス解析
NINJA ANALYZE
Admin / Write
忍者ブログ [PR]