忍者ブログ
君と出会えなかったら この場所も見れないから 忘れないように… 長瀬智也、TOKIOがすべて… …Re-Start June 8, 2010
今日は、いろいろ溜まっている雑誌を、実家に持参しようということで、数冊背負って、来週の下見なんかをし、母と合流してランチ。餃子がずっと食べたかったので、王将へ行こうと思ったら、まだお店が開いてなくて(11時過ぎくらい)、どこにしようかと思って散策してたら「日高屋」発見。トキカケで、「ワンパクだなぁ~」と智也が感心した、太一のランチ写真のお店。ピリ辛野菜炒めは、ちょっとムリでしたが、「ラ・餃 ・チャ セット」550円、堪能しました。

実家に着いてから、昨日のMステ録画見たり、雑誌の切り抜き。KinKiがたくさんで、母も大変そうでした。うらやましい…。そうそう、母が偶然、相葉ちゃんのラジオを聴いたらしく、その時、紅白の打ち上げの話をしていたようで、メンバー4人がドームへ行っちゃったから、相葉ちゃん一人に、KinKiの2人だけなので、大勢ワイワイしてる中、隅の方で3人でひっそりしてたとか( *´艸`)打ち上げまで一緒だったのに、その後、相葉ちゃんは川崎へ合流したのに、KinKiちゃんは、大阪向かう準備しちゃったのかなぁ?しょうがないか。太一もラジオで言ってたけど、すべて終了して帰宅が4時って言ってたもんね。

ようやく、年末年始の話が、語られるようになって、カウコンで、アツヒロくんに智也が、トニセンのトキカケ収録での話をしたっていうのを知って、あの収録が年明けじゃなかったんだなぁと。予告が全然出なかったから、てっきり年明け収録かと思ってました。やっぱり、当事者が語るエピソードが、楽しんだよね。皆も楽しい時間を過せてるのが嬉しいみたいだし。今日は帝劇の『ジャニーズ・オールスターズ・ アイランド』にマボが、ヒナと共に登場したようで、その時も、カウコンでの智也の事、ネタにしてたようだしね。

明日はDASH2時間SPで、放送前から、達ちゃんの名前がYahooトピックにも出ちゃうくらいだけど、智也の出番が少なそうで残念だなぁ…。0円担当みたいになっちゃってる?




【第6回 OCドラマ賞】TOKIO・松岡昌宏が「女優賞ではなく男優賞」受賞

 オリコンのグループ会社・oricon MEが発行するエンタテインメントビジネス誌『コンフィデンス』が主催し、国内の主な作品を対象に「有識者と視聴者が共に支持する質の高いドラマ」を表彰する、第6回『コンフィデンスアワード・ドラマ賞』の各賞が1月20日、発表された。

視聴者アンケートで高評価だった主演俳優 上位3名

 16年10月期の主なドラマ24作品を対象にした第6回は、TBS系『逃げるは恥だが役に立つ』が、7部門中6部門を独占する圧倒的な強さを見せたが、唯一同作以外の受賞となったのが、「主演男優賞」に選ばれたTOKIO・松岡昌宏。金曜ナイトドラマ『家政夫のミタゾノ』(テレビ朝日系)で、家事スキルの高い“男性家政夫”、三田薗薫に扮し、派遣先の家の汚れだけでなく、家庭の問題も洗い落とすという役柄を怪演。インパクトのある女装姿も話題を呼び、同ドラマにおいてエンターテイナーとしての能力の高さを見せつけた。

 今回の受賞コメントにおいても、確かな手応えを感じたという同役どころを振り返りつつ、「女優賞ではなく!(笑)男優賞を、ありがとうございました」とユーモアたっぷりに語り、そのサービス精神を遺憾なく発揮している。

 松岡昌宏の受賞コメントは以下の通り。

 「スタッフや共演者の方々が素晴らしく、いいチームで撮影ができて本当に感謝しています。何よりコミカルかつチャーミングにコンビ役を演じてくれた清水富美加ちゃんなしに、この賞はいただけないですね。 ミタゾノの役は、演じてすぐに手応えを感じることができました。街中やロケ現場で、“ミタゾノさん!”と役名で声をかけていただけたことが、とても嬉しかったです。常日頃、今までにないものをやりたい、みんながまだ観たことのないことをやりたい、テレビで面白いことをやりたいと思っているので、女装をするミタゾノというキャラクターが、視聴者に何か引っかかってもらえるような存在になれたとしたら、こんなに嬉しいことはありません。役者冥利に尽きます。 女優賞ではなく!(笑) 主演男優賞を、ありがとうございました」

【第6回『コンフィデンスアワード・ドラマ賞』結果一覧】

作品賞:『逃げるは恥だが役に立つ』(TBS系)
主演男優賞:松岡昌宏(EX系『金曜ナイトドラマ 家政夫のミタゾノ』)
主演女優賞:新垣結衣(TBS系『逃げるは恥だが役に立つ』)
助演男優賞:星野源(TBS系『逃げるは恥だが役に立つ』)
助演女優賞:石田ゆり子(TBS系『逃げるは恥だが役に立つ』)
脚本賞:野木由紀子(TBS系『逃げるは恥だが役に立つ』)
新人賞:大谷亮平(TBS系『逃げるは恥だが役に立つ』)

 ※今回の審査対象は16年10月期にNHKと民放各社で放送されたドラマ計24作品。オリコングループの調査システム「オリコンモニターリサーチ」の登録者を対象にしたドラマ満足度調査「オリコンドラマバリュー」の結果と、ドラマに関する有識者およびマスコミのドラマ・テレビ担当者(審査員)の意見を元に、1月6日に審査会を開催し決定した。(主要3部門以外は審査員投票によって決定)

http://confidence-award.jp/

拍手

PR
[2211]  [2210]  [2209]  [2208]  [2207]  [2206]  [2205]  [2204]  [2203]  [2202]  [2201
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
4 7
13
16 20
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カウンター
Twitter
アーカイブ
Blogram
ブログ内検索
バーコード
アクセス解析
NINJA ANALYZE
Admin / Write
忍者ブログ [PR]