忍者ブログ
君と出会えなかったら この場所も見れないから 忘れないように… 長瀬智也、TOKIOがすべて… …Re-Start June 8, 2010
思った以上に、面白かったなぁ~、トキカケ。浅野さん、いいキャラだ!智也と共演した、DoCoMoのCM、観たくなったから、ディスクを引っ張り出したら、忘れてたことがたくさん出てきて、止まんなくなっちゃう。この8人勢ぞろい会見は2007年で、10年前。智也28歳、浅野さん33歳。こうやって見ると、スゴい面子だよね~!DoCoMoの浅野さんとの共演CMでは、この半額シリーズが好きだなぁ。妄想してる智也の表情が可愛くてね~☆この8人会見の後に、CM演技賞授賞式があったんだよね。対象CMは、グンゼのCM。授賞式のインタビューで、仲間から普段と一緒じゃんって言われてるとか答えてる智也。また新しいCM、増えるといいなぁ~☆

最近、トキカケはジャニタレさんが続いて、全然カードを活用してなかったけど、今回は、彼が全部開けちゃったせいもあって(?)、かなりトークのお題になってましたね。画を書くのとか、不安だったけど、あんなにスラスラ書いちゃうから、サクサク進んで。智也が、画の上手さを表現するのに、線だけで犬を表現出来てるって言ってたのが、面白かったな。観点がやっぱり独特。海外で映画に出たり、ライブハウスで演奏したりと、いろいろ活動してるから、「どんな時が素の自分か」っていう智也の質問。コレ、智也にも聴いてみたいけど。どんな時でも「素」が、どこかにあるように思えるけど、実はそうじゃないのかも?とか。繊細な部分は「素」に近いものとだと思うけどね。

ナガスタは「口説きThe Standard」でしたが、難しい~って言ってる割に、普通に、口説き文句、言ってるじゃん!今朝の吉岡里帆のラジオで、ドラマ撮影の裏話を語っていたけど、サラッと、素敵な事を言えちゃう智也に、もう、トロケますよ、ホントに。

拍手

PR
【浅野忠信(秘)世界一技を初公開!芸能人トイレ事情?番組初の暴挙】

謎多き俳優…浅野忠信が爆笑素顔全開!誰にも出来ない?世界一(秘)特技にTOKIOビックリ!芸能人トイレ事情…自宅に謎の箱!すぐ裸になっちゃう?番組初の暴挙
太一が「貫禄があるからもっと年上だと思ってました」って言ったそうだけど、私も「LIFE」で木村拓哉と共演した時、木村氏の方が先輩って聴いて、ビックリしたもんね~。TV誌では画を描くようだけど、そういうのより、普通にトークして欲しいなぁ~。浅野氏もバンド活動してるしね。予告映像では、たーっぷり、笑顔が見れるみたいだから、癒されよう~♪

拍手

昨日はチケットを譲って頂いて、10年ぶりぐらい?のエイトのコンサートに参戦。天井席だけど、ど正面でした。開始1時間ぐらいがバンド構成。こういうのは、慣れてるから、普通に観ていられるんだけどね、ダンス&歌となると、周りのテンションについて行けなくてね。さすがにキャリアを積んできてるし、バンドとしても、メトロックに出たとか、自信になってるだろうから、バンド演奏はカッコいい。ただ、アップテンポは勢いで行けるけど、ミディアムテンポの曲になると、…ん?ってなっちゃって。で、せっかくバラードで聴かせるところなのに、曲の世界観無視?な感じのトークがあったり、ちょっと残念だったかな。やっぱり、TOKIO LIVEが一番だよ…。

で、終演が9時10分過ぎだったから、私は大慌てで、家に...((((=・o・)ノ ゴーゴー♪ナンとか9時半には帰宅して、着替えもそこそこに、「ごめん、愛してる」追っかけ再生して、追いついて。大汗かいたのに、相変わらず、温水器の不具合が直らず。っていうか、交換したのに、お湯が作れないって、あり得ないでしょっ!?…ドラマについては、後日書くとして(多分)。

TBS特番「人間とは何だ」が、放送されたけど、TOKIOが出演したのは、2006年。もう11年も経ってる!?いまだに鮮明に覚えてるんだけどなぁ~、智也のドラマ「まる。」。道隆のビジュアルが、めっちゃ、似合ってて、ナニより、このドラマの、鉄仮面香椎由宇とのKissシーンが、大好き♪頬から行く感じっ!暗くて残念なんだけどね。このドラマのメイキングで、寺尾聡が、このドラマの出演オファーを受けた理由の一つに、「長瀬くんとやりたかったから」って言ってくれたのが、ホントに嬉しくてね~♪この後、メントレにゲストに来た時も、言ってたよね~☆共演したいって言ってくれる、先輩俳優さんに、もっと引っ張って欲しいなぁ。…あ、でも、やっぱり、今は、ステージの上の、Musician智也に、一日でも早く逢いたい♪

拍手

昨日は、早めのお誕生日お祝いをして頂きました。前に行った時は昼間だったからと、今度は、ドラマと同じく、夜にセッティングしてもらいました。夜には涼しくなっていて、心地よい風に吹かれながら、やっぱり、ちょっと、あの二人を思い出してみたり。ざくろの木には、実が増えていて、時間の経過も感じつつ、帰宅。太一ラジオの音源を頂いてたので、さっそくテキスト造り。文面には、太一のいろいろな話が聴けて…なんてあったので、またおさんぽとかの話かなぁって、軽い気持ちで聴いてたんだけど、20周年の頃の件になって、もう、気持ちがザワザワしちゃって、ものすごく不安になってドキドキ(;-_-;)してきて。その後にかかった『リリック』に、涙が出てきちゃって。テキスト仕上げて、ヘトヘトになったけど、ナンか、眠れなくて、2時間おきぐらいに目が覚めて。今朝は温水器交換作業の為、早朝から業者さんが来るからと、早起きで、なかなかハード。母が来てたから、交換作業終わってから、遅くなっちゃったけど、母の誕生日お祝いして。その後本屋で「月刊Songs」購入した時に、ナンか、視界がチラチラして、視点が合わないような、ヘンな違和感があって、イヤな感じだったのを、つい、口に出しちゃったから、母が心配しちゃって、せっかく誕生日祝いしたのに、申し訳なかったなぁと反省。8月中に使い切らなきゃいけない、マッサージの残高があったから、そのまま予約を取って、2時間、みっちりと。キョーレツ頭痛が来てたから、きっと片頭痛の前兆症状のキラキラだったんでしょうと、母にLINEして、ひとまず安心させてと。さんざん、身体を労わらないと、TOKIO支援活動もままならないのよー!と、お小言頂きましたけどね。

そう、だから、太一の言葉が、ホントに突き刺さってね…。私、結構、衝撃受けてるんだけど、ナンか、あまり反響なくて…。あ、そんな感じなのか…と。聴きながら、LIVEが無いのは、こういう風に思ってたりするからなのかなとか、ちょっと、一端が見えたような気になったんだけど。これからの自分の在り方についても語ったり、事務所に恩返しとか、ナンか、ものすごく、心がザワザワする言葉が並んで…。まぁ、結局は、前向きな言葉で締められてたから、ホッとはしたんだけど。今までは、あまり多くを語らなかったと思うんだけど(私がアンテナ張って無かっただけかも知れないけど)、ここ数年は、智也も、自分の想いを、考えを、語ることが増えてきて、あぁ、そうなんだぁ、とか、やっぱり、そうだったんだぁって、知る事も増えて、嬉しいやら、不安になるやら。「月刊Songs」にも、たーくさんの智也の言葉があって、またいろいろ考えたり、想ったり、ザワザワしたり…。

明日の5話。途中からになるかな、オンタイムで観るのは…。まずは『ついに今夜!第二章へ 日曜劇場「ごめん、愛してる」スペシャル』を楽しみにしてます…。

拍手

本日は母の誕生日(&旧相方の誕生日。元気にしてるのかなぁ…)。連休なので、そのうち、ゆっくりと。毎年、老いていくことにイヤになっているようですが、のんびりと、光一を眺めながら、長生きして欲しいです。一番の理解者で、尊敬してる人ですからね。

昨日のトキカケ。うん、十分面白かったんだけどね、ナンか、智也の様子がね、気になってきちゃって、ナンか、どう見ていたらいいのか、判らなくなってきちゃって…。でも、楽しそうだったから、いいんだな。健が、どさくさに紛れて(?)、智也の顔を撫でたり、腕に触ったりで、ヾ(*´∀`*)ノキャッ♪ってなったけど、この2人と言うと、やっぱり、原宿で、遭遇した時の事を思い出しちゃう。2人の偶然の遭遇に、遭遇したっていう奇跡。あれが2012年の10月だったから、…もう、5年も経つのね…!

ナガスタで、『story』について語る智也。自分の曲について話すことは、最近は多くなったけど、メンバー作について、語ったのは、あんまりないかなぁ?太一が、マイナーチェンジ、マイナーチェンジって、していったって言ってたけど、それだけ、どんどん、音がシンプルになって、だから、表現が難しくなって…っていう過程、全て、観てて知ってた事で、だからこそ、その立ち向かう姿に、思う事がたくさんあったんだろうなぁ。これから先、智也自身に起きるであろう事象の影響で、音作りが変わる時が来るんでしょうか…。

拍手

MV解禁ということで、映像見て、あー!と。MV情報、ちゃんと6月18日のタヒチで太一が教えてくれてましたね~。オシャレな小道具の数々でしたが、こういう使い方だったんですね。Oha4!で、メイキング映像が流れて、撮影場所に現れた智也、ニコーッと笑顔になり、握手したのは、メイキング撮影の山田智和監督。今日公開された、メンバーのコメント動画の中で、智也は「クリエイターの山田くん」って言ってるから、実は、知り合いだったりするのかも。意外と智也の交遊録、範囲が広いよね。打ち合わせ部分、メイキングに入るかしら?「2番のサビがピーク」って、智也が言うように、やっぱり、あの部分の曲の盛り上がりは、グーっと胸にくるから、映像も、演奏シーンから、智也が一人で情熱こめて歌う映像になったのかなぁ?暗くて、表情がよく見えないんだけどね。それにしても、MVに出てくる、TOKIO以外のシーンは、どういうコンセプトなんだろう?…ナンで髪を自分で切ってるの…?


こうやって、みんなが笑顔になってるのは、涙腺刺激されまくり…。コメント動画で、「ごめん、愛してる」の告知する智也に、リーダーとマボが、反応してて。(='m')♪観てるのね~、やっぱり。メンバーの周りでも、反響があるのかな。そうだよね、今まで、無かったけど、今回のドラマは、会社でも、いろいろ私に言ってくれる人が多いし。この前は世界陸上で、ドラマが無かった事について、4人ぐらいから、言われたもん。今日発売のTV誌に、どんどんスペースは小さくなるけど、それでも、第2章に向けて、いろいろ載せてくれてる。日曜日が楽しみ。…のような、不安のような、フクザツな気持ちも…。

アレ?MVの事を書いてたのになぁ?

拍手

会報以外で5ショットの表紙って、3年ぶりくらい?って言いたくなるくらい、久しぶり感満載の「週刊朝日」。グラビアページもいいんだけど、記事ページの写真の方が好きなんだけどな~。カラーじゃないのが、ホント残念。記事は、普通に真面目に答えてるのは、読者層考えてなのかしら。メンバーそれぞれが、お互いを認め合ってるのは、ホントにカッコよくて素敵。5人で喋るのには、あまりにも少ない誌面で、ちょっと、物足りないけど、「月刊Songs」に登場っていうのは、ホント、嬉しい~♪それも、智也が表紙・巻頭、そして、ニュー・シングル「クモ」撮り下ろし12ページ&インタビューに、『愛!wanna be with you...』のピアノ・スコアを掲載という、オマケ(?)付。TVでも、音楽番組にいろいろ出て欲しんだけどなぁ…、でも、ドラマの撮影が忙しいから、新曲のプロモには、あまり時間を割けないかなぁ…って、ちょっとガッカリしてたんだけど、こうやって、出してくれるんだね。やっぱり作った本人が語る方がいいもんね。太一にも、もっと喋って欲しいけど。明日はZIPや、めざましでもMVが流れるみたいですが、カップリング曲については、触れるのかしら?そういえば、どんなMVにしたのかは、まだ解禁されてなかったんだっけ?【追記:タヒチに載ってましたね(゜ー゜;Aアセアセ】

TV誌では、結構誌面割いて載せてくれてたけど、OAは全て載るんでしょうか?健の、KinKiちゃんとの関係性とかマボのトリプルターンを削らないでよっ!そういえば、母が、光一ゲストの時、1枚もカードをめくらなかった!と言ってましたが、今度も、そんな感じかな?まぁ、お題がなくても、どこまででも、喋れるでしょ?近い仲間なんだから。
【ジャニーズ年表V6完結編…坂本・三宅が初告白!V6結成(秘)話】

徹底整理「ジャニーズ年表・V6完結編」三宅健が告白!墓まで持ってくはずのV6結成(秘)話…リーダー坂本も知らない衝撃真実&幻のTOKIO加入話と坂本の悲劇。ゲストは、8月9日にニューアルバム『The ONES』をリリースするV6の坂本昌行と三宅健。坂本は2017年1月以来、三宅は初出演となる。彼らを迎えて行う企画〈ジャニーズ年表整理〉では、V6の年表を、さまざまなエピソードトークと共に掘り下げていく。坂本の出演時には語られなかった、V6にまつまわる衝撃エピソードが続々と明かされ「ジャニーズ年表」のV6パートがついに完成!?

拍手

映像機器関係(だっけ?)の仕事をしてる従妹から、こんなのあったよーって、貰った、ナンかのメーカーの事例集に、TYTDが載ってました。ライブシーンの撮影に使ったカメラの紹介と、そのシーンの写真。カメラオペレーターも観客として、混ざって撮影するから、小さくて使い勝手のいいカメラを選んだという事ですね~。WOWOWでは、8/13(日)深夜3:05 (WOWOWプライム)、9/21(木)深夜1:00 (WOWOWプライム)放送があります~。

今日はネイルに行ったので(サロンは表参道にあるので)、そうだ!と思い、「王様のブランチ」ロケで智也が訪れた「everthing salad」へ、ランチを食べに行きました。近辺のケーキ屋には、ちょこちょこ来てたけど、未知の場所。まぁ、お店OPENが今年の5月だからね、ムリもないけど。前に行った「Mr.FARMER」より、落ち着いた感じで、ゆっくり出来ました~♪通されたのは1階の席で、残念…。智也のロケは2階席だったからね。まぁ、トイレが2階だから、あぁ、この席だぁ~っていうのは、確認出来ましたけど♪また一つ、素敵なお店が発見出来て、ラッキー☆

5話予告映像を、ようやく今日から見かけるようになって。ほとんどが、4話終わりに流れた予告と一緒ナンだけど、一つだけ、ダイジェスト&第2章の予告映像が入ってました。撮影スケジュールが大変なことになってるようだけど、今日は、エキストラ参加智フレより、この暑い中でも、元気に、楽しそうに撮影をしているという様子を聴いて、ナンか、嬉しくなりました。私服のカッコよさを、トロケながら話すのを聴いてて、想像したら、私もトキめいちゃいました♪いろいろ話を聴いて、今日の放送がない事の穴埋めだぁ~って思ってたけど、この1、2秒の映像を観たら、やっぱり気持ちがグラグラです…。

拍手

録画ザッピングしてたら、「ごめん愛してる」の文字。ナンで?と思って、再生したら、里帆ちゃんの映画の舞台挨拶での一幕を発見。ありがとうございますっ!番宣してもらっちゃってたのね(*'ー'*)ふふっ♪
満島真之介、吉岡里帆出演ドラマを勝手に番宣?「ごめん、愛していない」

もう第5話に突入するけど、今週発売のTV誌には、それぞれ撮影現場での写真が載ってたりするから、嬉しい。TV Stationには清水Pが明かす裏ネタというのがあって、やっぱり、智也ありきの作品だという事を再認識。まぁ、智也のドラマは全てそうなんだけどね~。オリジナルとの、キャラクターの差というのに、智也が持つ包容力や人間の大きさが融合して、自己犠牲愛の強い「律」が生まれたっていうの、とっても解るなぁ。

って、3冊分の反芻をしてたら、金曜日にはRadio Boxで『story』Full OA。曲をFullで聴けることは、もちろん、楽しみにしていたけど、それより、もっと楽しみにしていたのが、太一が語る制作秘話。1時間番組を持ってるって、こういうトコ、ありがたい【ありがたいといえば、レディボ難民を即時に救済してくださる、優しいTOKIフレさん♪いつもありがとうございますっ!】。音源頂いて、まずは、曲を抜出して、じっくり。もう歌い出しから、ぞわっと来て、今まで聴いたことが無いような、優しい智也の歌声に、心が揺さぶられ、もう涙が出てきて。智也と太一が顔を見合わせて「いいね」「カッコイイ」と言ってたトコ、太一じゃないけど、鳥肌もん。最後1コーラスのファルセットが、もう、たまらなくて…。子供が生まれた事がキッカケって「ビビット」では紹介してたけど、もちろん、根底はそうなんだろうけど、智也が歌うことによって、太一が意図したように、もっと大きな愛を感じる曲になってる気がする。TOKIOが、智也が、この歳になったからこそ、伝わる曲。

ちょっと時間が出来たので、KinKiちゃん映像を観に、実家まで。新曲発売したけど、披露出来てないからね。MV観て、あまり感じた事のない色気を光一から感じて、あぁ、光一もそんな歳かぁと。でも、年始のLIVE映像見たら、まだまだ、お子ちゃまだわ、あの子。MCがオーラス以外にも、光一誕生日分も入ってて、やっぱり羨ましい。…羨ましいのは、LIVEそのものだけどね。「Riding!」で、達ちゃんが、「Liveやろう!」という一言。言ったんだからね!一日も早く、お知らせくださいっ!

拍手

今日から8月。2017年も、あと5か月。年内に嬉しいお知らせくるのでしょうか…。今週はトキカケもないし、ドラマもないし、で、試練の週。人間ドックの後、具合が悪いって言ってた太一は、マヤさん夏季休暇で、ただでさえ、大変なビビットの後、DASHロケしてて…。衣装が、ちょっとサイズが合ってる?って感じに見えたけど、痩せたんじゃないかなぁ…。毎日暑い中、ロケしてるメンバー。ホントにホントに、体には気を付けて欲しい。…って、こういう事を書きたいのではなく。ビビットが智也の一日に密着という、メチャクチャ嬉しい企画。駐車場を颯爽と歩く智也の姿の美しさに見惚れる…。特別試写会終了後に智也は『story』レコーディングに直行。自分がメンバーの「ファンの一人」と語る智也。いつも言ってる事だね。太一も、自分の曲が、みんなの力を集結して、自分の想像を越えていくと話していて。この時の太一、涙目に見えるんだけど。私も、こういうトコは、涙なくして、観れない…。聴き終えて、笑顔でパッと太一を見る智也が、可愛くて。金曜日に全貌が(多分)聴けるのが楽しみ。もう一つのカップリングの情報は、いつ解禁⁉

やっぱり、調子が悪かった温水器。とうとう、お湯を貯めてくれなくなって、エラーコードも出ちゃってたので、またまた会社早退して、点検お願いしました。なので、思いがけず時間が出来たから、ビビット生出演時や、4話の動画ファイル作って(律が出てる場面だけのね(^_-))スマホ搭載。これで、いつでも見れちゃう♪役者智也も大好きだけど、基本、Musician智也推しなので、ドラマを、そう、しょっちゅう見返す事って、実は滅多にないんだけど、『ごめん、愛してる』は、やっぱ、何度も観ちゃう。観たくなる。脚本的に、どうなの!?と思う事は多いけど、でも、それを、結果、どーでもいい!って思わせる、智也の『岡崎律』。愛しく思う人を見つめる瞳と、蔑むように見る瞳。観終わった後、毎回去来する、胸をかき乱されるような、落ち着かない気持ち。息苦しくて、たまらない。回を重ねるごとに、症状が重くなるような気がするから、どうなっちゃうんだろう、最終回は…。こんな気持ちになる理由の、半分くらいは解ってるんだ。今は、智也の中に『律』が存在してるんだけど、ドラマが終わると、もちろん、作品は残るんだけど、智也から『律』がいなくなっちゃう。それがたまらなく、寂しいんだと思う。その頃には、次の、新しいキャラクターが生まれてるのかもしれないけどね。それか、長瀬智也として、TOKIOとして、目の前で歌って、演奏してくれるかも知れない。っていうか、する予定があって欲しいけど。


拍手

[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
2 3 4
7 11
13 16 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
カウンター
Twitter
アーカイブ
Blogram
ブログ内検索
バーコード
アクセス解析
NINJA ANALYZE
Admin / Write
忍者ブログ [PR]