忍者ブログ
君と出会えなかったら この場所も見れないから 忘れないように… 長瀬智也、TOKIOがすべて… …Re-Start June 8, 2010
8月31日。『クモ』発売翌日。昨日発表のオリコンデイリー順位に、愕然としながらも、久々のイベントという事で、ブクロへ...((((=・o・)ノ ゴーゴー♪販売開始前に整列出来ないという発表だった(はず)のが、出ようとした際に観たTwitterで既に待機列があるという事で、大慌てで、駆けつけました。最初は1時間前って思ってたのが、8時15分くらいに到着で、既に数十人の列。(;-o-)σォィォィ・・・雨が降っていたので、室内待機は嬉しかったんだけど、営業前という事で、空調入らず、蒸し暑い。優先エリアの枚数制限があるから、合流禁止という事で、ちゃんと守って、その後、45分くらいに到着した智フレさん達とはバラバラで待機。それから、待機列がドンドン延びて、広場正面列は、7、8列ぐらいになってたかなぁ。会場にCD到着し、係の人たちがセッティングするんだけど、…ナンか、年齢層高くないっすか?という方々。あまりTOKIOのイベントでは見かけないような…(SINSEIDOの袋に入れてくれたから、SINSEIDOの方々かも!?)島茂子のパネルが設置されたり、用意が進んで10時に販売開始。優先エリア内はどうやら150名。智フレさん達の数人後で終了だったから、良かった~!サンシャインシティの入り口とか、ちょこちょこ、サイネージがあったりするんだけど、写真が中抜きになっちゃってて。こうやって、柱にパネル貼るんだったら、サイネージも出して!無事エリア入場券とお渡し券ゲット。当初、家に帰って、テキスト仕上げようと思ってたんだけど、智フレさん達が、アリオ川口のタワレコさんへ行くというので、付いて行き、さすがの対応に感心してきました。

再び、池袋へ戻り、噴水広場裏手の階段に番号順に整列。CD購入の待機列でもそうだったんだけど、今回のスタッフさん、合流がダメとか、ハッキリ言ってくれるし、度々案内、言ってくれるし、番号順に移動というのは、徹底してるし、スゴくスムースで、良かったなぁ。ザ・ソイラテズからのお花が、ホントに大きくて、豪華。お花出すのに慣れてる、智也発案かしら??パネルやら、お花に付いてる、小っちゃなソイラテズが可愛い~☆

会場では、スクリーンに大きな茂子と、MVが流れていて、優先エリアに入れなかった人たちが、ずらっと取り囲んで待機。1階も2階も3階も(噴水広場は地下1階)とってもたくさんの人がいて。ステージ後ろ側になるところでも、人が居て、イベント!って感じが、久々なので、テンションが上がって来ました。優先エリア入場後は、ナンか、どこでもどーぞ状態?だったのか、ぐしゃってなったけど、まぁ、そこはTOKIOファン、静かに落ち着いて、場所確保。開始5分前くらいに、係の人から注意事項とか。最後に「今日のイベントは、島茂子さんが登場ですので!」と、念押し。そうだよね、そこ、徹底しないと、イタくなっちゃうもんね。6時になると、スクリーンに『島茂子「女の坂道」発売記念リサイタル』と、出て、イベント開始。まず司会の、オテンキのりさんが、ちょっと前説。この人が、そうなのね~と。今日、ラジオがあるから、それもあってなのかな?そして、会場からの「島茂子さーん!」の呼び込みで、島茂子、入場!いやぁ、想像してたけど、それ以上に、実物は、ホントに綺麗。足、細い~!顔、小さい~!茂子さん、マイク持たずに出て来たのに、会場にマイクが用意されてなくて、のりさん、ちょっとバタバタ。でも、茂子さんは、落ち着いてるんですよね~。微笑みながら、スタッフの様子を伺ってて。マイクが登場し、仕切り直し。のりさんに、いろいろインタビューされて、歌手になった理由とか、癒される事とか。歌詞で拘った部分を訊かれ、「TOKIOの長瀬さんと打ち合わせして、当初は昭和の色濃い歌詞だったのが、長瀬智也さん曰く、今風の詞に変えた方がいい」って言われたという裏話。なので、「ソイラテ」は当初「熱燗」だったそうで、今風の4文字の飲み物が無いかなぁ?ということで「ソイラテ」が浮かんだとか。大江戸線の件が判らないという、のりさんに「六本木駅は、深いから、急いでる時は(降りていくのが)怖い」そうで。20年前に、この曲を作った時は、大江戸線も、SNSも無かったと。この歌をどういう思いで歌うか?というのには、東京砂漠で、心まで乾かないように、という思いだそうで、うるおいは大事で、お風呂上りすぐに、保湿をしなきゃダメだそうで、化粧水は冷蔵庫に保管です。そして、ナンでTOKIOのCDに収録されているのか?というのには、TOKIOと付き合いが長く、メンバーの弱みを握ってるからだそう。『クモ』が「わにとかげぎす」主題歌で、メンバー出演のドラマじゃないから、ナンとかなるかと。「長瀬さん主演や、松岡さん主演ドラマだと、おイタは出来ない」もう、絶好調!そして、ナンと、ザ・ソイラテズから電報が届いてるというので、紹介。「ホントに来てるんですね(笑)」茂子さん、知らなかったようです(*'ー'*)ふふっ♪お花も届いてると、紹介。「TOKIOのメンバーの皆さん、忙しいですからね。松岡さんは、遠山の金さんをやる」と、詳しい茂子さん。誰と仲がいい?と訊かれて、特定のメンバーは挙げず「ソイラテズの皆さん、キャバレー周りで錦糸町」来られないそうです。それから質問コーナーもろもろ【時間無いから割愛。あとでフォロー出来たら…】。いよいよ歌唱。のりさん、割と普通の歌フリだったけど、イントロで、茂子が「今日は皆様、お越しくださいまして、ありがとうございます。島茂子『女の坂道』心を込めて歌わさせてもらいます」と、言ってから、歌ってます。

知ってたけど、ホントに上手いんだよね~、こういうの。歌いながら、歌詞に合わせてフリするし、上や横や後ろのお客さんにも、ちゃんと視線向けて、手を差し伸べて、歌い上げる姿勢は、本格的演歌歌手!途中、歌詞を大江戸線から、この池袋にも関係する、西武池袋線に変えたのが、サスガです。とっても素敵でした~。歌い終わると、ステージ奥から、ひまわり等の大きな花束抱えた、マボが、ドヤ顔で、颯爽と出てきて、場内から、物スゴい悲鳴~!歓声~!私も叫んじゃった~!茂子さん「ビックリしました」と、嬉しそうな笑顔だけど、ちょっとウルウルしてる?動揺してる?「お久しぶりですね、茂子さん」と、言うマボに、「遠山の金さんの撮影は?」「おととい、無事に終わりました」と。

あ~、ちょっと時間無い!レコメン、面白すぎるしっ!
続きは…いつかな(;´▽`A``

とにかく、札お渡し会の茂子さんの対応が素敵で。ココ日の握手会以来の至近距離。見つめられた瞳、マジで綺麗でしたよ~♪腰が痛い中、会釈して、両手で札を渡し、一言二言、話しかける時間もあって、1時間ぐらいの対応。ホントにお疲れ様でした。多くの人に、気持ちが伝わる事、願ってます。

拍手

PR
[2340]  [2339]  [2338]  [2337]  [2336]  [2335]  [2334]  [2333]  [2332]  [2327]  [2331
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1
6 8
11 15
20 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カウンター
Twitter
アーカイブ
Blogram
ブログ内検索
バーコード
アクセス解析
NINJA ANALYZE
Admin / Write
忍者ブログ [PR]