忍者ブログ
君と出会えなかったら この場所も見れないから 忘れないように… 長瀬智也、TOKIOがすべて… …Re-Start June 8, 2010
会社の帰りに、乗換駅だからと、銀座山野楽器で、「SHOCK」ステージ衣装展示を見学。山野楽器に展示されているのは、エンディングの真っ白な衣装なんだけど、スゴいなぁと思ったのが、展示されてるガラスケースが1Fの中心に置いてあって、360度、観れるんですよ。大体、後ろは見えない展示状態が多いよね。殺陣のシーンの衣装が展示してある、渋谷TSUTAYAは、普通に、後ろは見えないようになってるし。太一の衣装を観た時、小っちゃっ!って思ったけど、光一も、筋肉バリバリの体になってたけど、衣装はやっぱり小さくて細い。TSUTAYAは、他にも、いろいろ衣装展示があったけど、人だかりになってるのは、光一のだけでしたね。渋谷はサントラCD置いてあるのが、 入口近くなので、写真を撮る人が、ズラッといると、出入りする人の邪魔になってて…。映像で光一が出てくるタイミングで撮りたいんだろうけど、ちょっと迷惑…。それから、撮影禁止だからと、ケースに張り付いて、イラストをスマホで書いてる人がいて、動いてくれないから、なかなか近くで観れなくて。もうちょっと、周りに気を配って欲しかったですわ。「人のふり見てわがふり直せ」という事だな。

時間がないからと、ザクザク、録画を消してたら、金曜日のZIP!とめざましも消しちゃって。光一がサントラ発売で、インタビューあったんでした。「王様のブランチ」でも、サントラ発売の番宣で、食べ物ロケ。食に興味ない光一がするロケじゃないよね~。スカンピのパスタがアツアツで出されても、一緒にきたコーヒーを先に飲んで「コレ、美味しい~♪」と目、キラキラさせて。コーヒー好きだもんね。でも、お店の人から「(コーヒーも)こだわりあるんですけど、まず、パスタから食べて欲しいんですけど…」って言われちゃってるし!揚げパンの上に生ハムが乗ってるヤツ食べて「これもう、ワインやん」というので、「飲み仲間はいらっしゃいますか?」と訊かれて「長瀬は。TOKIOのね。昔から、仲がイイので」と。だけど「お酒での失敗談は、ないっ!」そうです。もっといろいろ聴きたかったですよ。ただでさえ、ロケで行った場所は、後で、スゴいことになるのに、今回はNew Openのお店とか、だから、更にスゴそう。智也も、ドラマの番宣で、いろんなとこ、行ってくれるといいなぁ~。後から行く楽しみが増えるからね。

拍手

PR
「ツマミのハナシ」で、ゲストの出身地が東村山と言う事で、マボが「東村山で一日署長やったことがある、長瀬と2人で」と。「何年ぐらい前ですか?」と訊かれて、「『うわさのキッス』歌ってる時だから、18だから、22年前」と、抜群の記憶力発揮!そうです、マボは正しい!アイドル誌切り抜き観たら、1995年4月22日に、春の交通安全キャンペーンという事だけど、ファンを招待ってカタチだったのね。その時のことを「交通安全のことやって、カラオケで、バンドがないから、2人で『うわさのキッス』を歌ったの。長瀬が主旋歌って、オレ、イェイイェイだけ歌った」コレ、もう、ネタ扱いだね~。警察署長姿の十代のツインタワー、可愛いわぁ~♪で、次回予告映像では、一転、とぅるとぅるマボになってたけど、時代劇撮影の為ってことかなぁ~?ママのお店がなくなっちゃってから、もんじゃも食べてないけど、観てたら久々に食べたくなったなぁ~。

DASHは、1時間、まるまるDASH島ということで、思った以上に5人の姿をたくさん観れて、とっても嬉しかった~☆年長さん2人しかいなかったけど、ちゃんと、TOKIO5人でのお花見。…でも、やっぱり、本当に5人一緒に、宴会して欲しかったな。予告で、食べるシーンが流れてたから、それが初なのかと思ったら、しっかり食べてたのね~。何度も言うけど、メンバーの合流シーンって、ナンか、たまらなく、キュン♪ってするんだなぁ。迎える側の表情かなぁ?ナンか、いいんだよね~。匂いを嗅いで、次に廻すとか、「せーの!」で食べるとか、マボの「初恋だね~」発言にオオウケする達ちゃんや「出るね~」と、ツッコむ智也とか。メンバーが揃っている時の空気感は、テレビからも伝わる。

メンバーが太一の事を、真面目とか、勉強家って、よく言ってるけど、今日のは、ホント、そういうトコ、納得だよね。細腕太一って言われてたけど、気持ちは骨太。太一がはぁはぁ、言いながら、腐葉土作業をしてたのは、正直、ツラかったです、心配で。草木灰を作るのにも、穴掘って、結構大変だったのに、そこもサラッと流されて。サボテン獲りに悪戦苦闘してるのに、容赦なく、「リーダぁー!早くぅ~!」と、せかす智也と達ちゃん。トゲで痛がってるのを、達ちゃんは、静観してるけど、智也は「なぁに?なに、なぁに?」って、リーダーの腰に手を当て、労わるからさぁ~、メロメロだよぉ~♪そんな大変な想いをしたから、5人一緒に、美味しくいただけた事、嬉しいです。匂い推ししてる太一も、それをツッコんでる達ちゃんも、面白かったし!1300日っていう時間を30分そこらで、片付けちゃうので、しょうがないけど、5人が頑張ってきた事、しっかり伝わって来たよ。智也って、柑橘系、苦手?シブい顔をたくさん観たような?

拍手

「DASH島 無人島を開拓できるか!?」

毎年、DASH島の春の訪れを告げる倉庫跡のシナミザクラが咲き、恒例の花見の準備。今年は、以前島に自生しているコオニユリからとれた片栗粉で3色団子を作ることに。そこで城島、達也が団子の色付けに選んだものとは・・・?。
さらに、着物の幕を張る江戸時代の風習“花見小袖"で楽しむことに。幕の代わりに民家跡で集めた衣類を掲げるが、何か物足りない・・・。この花見をさらに盛り上げるため城島がとった行動とは?

一方、3年前に森で見つけた柑橘の木。しかし、その味は非常に酸っぱかった。そこで、福島DASH村での経験を生かし、腐葉土作りや草木灰作りに乗り出す!述べ3年にも及んだ柑橘復活計画、果たして実は甘くなるのか!?

撮り貯めしている分とはいえ、5ショットが観れるのは、嬉しい事で。今日届いた会報も、個人のお仕事話だけ。それでも、リーダーや達ちゃんが、やっぱり「TOKIO」が、常に根底にしっかりあるって事をうかがわせる言葉を残してる事に、じーん…とします。個人が頑張るのは、もちろん、大歓迎で嬉しい事だけど、やっぱりTOKIO5人がいい。

拍手

仕事中には、いろいろ思って、言葉にしたいと思いつくのに、帰宅して、いざPCの前に座ると、ぽっかり。…というか、帰ってきて、録画をザーッとみるだけで、かなりの時間を割いちゃうので、PCに向かう頃には、夜も更けて…となっちゃうからなんだけどね。時間…精神的なゆとりが欲しい…。もっと、どっぷり、智也に、TOKIOに浸っていたい…。映画にドラマに、そしてLIVEは…?と、心が追いついていかなくなりつつあるんだよね~。映画がまず、とても不安に思っていてね…。だから、新ドラマでラブストーリーという発表は、ちょっと救われた感じになってて。でも、次郎も裕一郎(Part2)でも、母親とは悲しい関係だったから、また、その設定なのか…と。そして、十代、二十代前半なら、ともかく、アラフォーで、母親への想い…って(´ヘ`;)。 きっと、こんなモヤモヤは、ナンだったの~⁉っていうような、ステキな「岡崎律」をZettai、見せてくれるとは、実は思ってるんですけどね☆ъ(*゜ー^)> ♪とりあえず、髪を伸ばしてもらって、Coooolな感じのビジュアル、待ってます♪

あぁ…言葉がまとまらない。みーちゃん相手に、いろいろ、あれやこれやと、している智也を想像して、癒されます。

TOKIO 長瀬智也が思う“愛”のかたちとは? ラジオでのトークから考察

拍手

今日は、休暇を取っていたので、のんびりの朝。…がっ!(゜∇゜ ;)エッ!?ナニ?っていうTL。何年か前から、ラブストーリーやってみたいとインタビューで言ってたけど、このタイミング~⁉とオドロキ。すぐにビビットでもコメントだしてるという早業(?)。うん、番宣は、とっても楽しみです。太一に呼びかける智也に、太一は気恥ずかしくなってるのかな?「明日来てもいいからね!」というのは、照れ隠しかしら。堀尾氏との、メンバー人数やりとりは、お約束にしようって事なの?それにしても、真矢さんが、説明するくらい、批判続出だったのかしら(* ̄m ̄)。

「ひるおび」や「Nスタ」でも、智也コメントが流れたけど、歴代ドラマの映像(ハンドク!も入れて欲しいなぁ~)を流しながらというのは、まだ撮影に入ってないからという事もあるけど、智也の振り幅も見せるって事かしら?月日が経ってる事もあるけど、それにしても、ビジュアルも振り幅スゴい。映画のビジュアルも気になるけど、このドラマでのビジュアルが、もっと気になる。二十代半ばの役者たちと、見た目のギャップを、どう埋める?

長瀬智也、日曜劇場初主演でラブストーリー - 共演に吉岡里帆・坂口健太郎ら

TOKIO長瀬、TBS系「ごめん、愛してる」で18年ぶりラブストーリー主演

長瀬智也、20年ぶり恋愛ドラマに主演「ポジティブな気持ちしかない」

TOKIO長瀬智也:TBS「日曜劇場」で初主演 連ドラ初ヒロインの吉岡里帆とラブストーリー

TBS7月長瀬智也主演で究極のラブストーリー


ナンか、後回しになってるけど、今日は、コレがメイントピックになるはずだった、フラッグツアー・セレモニー。平日ということで、前回以上に、人が少なかったら、どうしよう…と思いながら、9時くらいに待ち合わせで、現地に到着すると、5名ほど先客。…まだ開場まで時間あるし、と不安な気持ちも、最初はあったけど、気持ち的に、智也ドラマ情報に行っちゃってたから、待ち時間もあっという間。開場時間には、それなりの待機列…といっても、3列用意してあったのが1列で済んでたけどね。先週の予報では、天気が心配だったけど、待ってる間、背中がジリジリするくらいの陽射しで、時折吹く風がひんやりして、気持ちイイ。そして時間になって、太一登場。「カッコいい~!」という絶叫が飛ぶ中、ニコニコ太一登場。髪がふわふわしてて、かなり可愛いんですけどー!セレモニー一通り終わり、登壇者挨拶。前回は地元ということで、そこら辺の話でツカミOKだったけど、今回も台東区の思い出話から。「13、4歳の頃、山口くんと革ジャンSHOPに来てました。その時、駅前で、あるグループ、ある団体にスカウトされました」と、引っ張っておいて「その団体は自衛隊です」とオチ。一緒にいたのに、自分はスカウトされなかったって。入り方、サイコーです。それから、バンクーバー市長が、バンクーバー五輪の閉会式でボランティアの人たちを労ってたことを取り上げての挨拶。車椅子テニスの上地選手を司会者が経歴を読み上げ説明する間、所属がエイベックスという事を受けて、「エイベックスなの?」って【声が聴こえたワケじゃないんだけど、口の動きでね】、隣にいる彼女に太一が聴いてて。続いて、2人のトークということで、司会者からリオでのエピソードを訊かれた上地選手が、観客の応援の仕方がスゴかったというと、「やっぱり違うんですか、ブラジルは?」と太一が質問。テニスの試合は、割と静かに観てるのが通常だから、サッカーの試合のような応援にとまどったそうで。更に初戦の相手がブラジルの選手だったから、サービスを決めるとブーイング。確かにテニスの試合で相手にブーイングをすることはないよね。最初は集中しにくくて、大変だったけど、3位決定戦の頃は、自分の事を応援してくれたから、力になったというのを受けて、「東京オリンピックの時は、どうやって盛り上げたらいいですか?盛り上がっていいですか?」と言いながら、「後から、僕のせいだって、事は、ないですか?」すると、上地選手も「そうですね、国分さんのせい、ってことで(笑)」と、茶目っ気たっぷり。太一は静かに応援するそうです。ブーイングがメンタル的に響かなかったか、とかも訊いて、まるで、インタビュアーのようだったなぁ。コメント終わって、沈黙になっちゃったとこも「以上です」と太一が〆て、次へ促して。続いて太一もリオ五輪の事を訊かれたけど、ロンドン五輪での錦織選手の話を出して。ロンドンで悔しい思いをしたから、リオでメダルが取れたんじゃないかと話を持って行くとこ、スゴイよね~。「錦織選手の取材を続けて、サイン入りのラケットを頂く事が出来ました」と言って、上地選手を覗きこんで「えっと、上地さんも、もしよろしければ、サイン入りのラケットを…宜しくお願いします。…本気ですっ!」と、おねだり上手~♪サインが消えるまで使ってと言われて、そうしてたら、友達からツッコまれた話を持ち出すと、彼女も「使ってもらうのが一番なので」と言ったから、「じゃ、待ってます♪」と嬉しそうな太一。「以上です」と、またまた司会者に。車椅子テニスのルールを、彼女がリオでメダルを取るような試合をしたから、多くの人に認識してもらったんじゃないかとか、もう、感心する事ばかり。というトコで、最後の挨拶。上地選手が、今度は金メダルという気持ちがあるという話をしてたから、「選手の想いをバックアップ出来るのは、僕たちの声援。それをみんなでやっていきたい」と。「子供たちにスポーツ選手の素晴らしさを伝えてもらいたい」とか「子供の夢を作れる」とか、太一のコメントが完璧で、感動でした。

で、撮影タイムに入るという事で、壇上に来賓の方も集まってくるけど、太一が挙動不審?と思ったら、高速ビビットポーズ!それも何度も!きっと、言われたのね~、やって下さいって。上地選手に合わせて屈みながら、ニッコリとする太一は、正真正銘、アイドル!右に左に、顔を向けながら、中腰体勢、キツいはずなのに、アイドルスマイルは絶やさずというのは、さすが。それから、やっぱり太一だけ先に退場ということで、来賓の方々から握手攻め。だけど、途中で、ちゃんと上地選手に手を差し出して、握手して一言。カッコよすぎるよね~。

入場待ってる間にZIP!セットを持ったお姉さんを見つけたし、セレモニー直前に、脇の方に團ちゃんがレポートしてたから、ZIP!は、智也の時と同様、別撮りコメント期待しまーす!

東久留米でのセレモニーでも思ったけど、今回は更にコメントが立派で。だからこそ、やっぱり、東京オリンピックではTOKIOが、ガッツリ、関わって欲しいんだよね。これだけ適任のタレント、居ないでしょ!?

拍手

達ちゃんのラジオもテンション上がるようなネタもなく、DASHもないという事で、天候のように、スッキリしない一日。明日が休みっていうので、慌てて、行ってきました、「つる瀬」。おこわだっていうから、日持ちするのかなと思ったら当日のみと言われ、ガッカリ。でも、開けたら中に、説明書(?)が入ってて、冷凍も出来るとか書いてあるし!小さいけど、ずっしり重く、食べ応えありました。美味しかった~♪

VBBの特典映像のカーテンコールで、斗真が「スサノオ」の時の曲を歌ってて、それを聴いていたら、マボが歌う画を見たくてたまらなくなりました。「スサノオ」の頃は、まだ、ガッツリファンでは無かったからなぁ…。映像化されてないしね。ビジュアル系バンドボーカル衣装の斗真がカッコいいから、マボが同じ格好してたら、もっと(!)カッコいいだろうなぁと脳内変換されてます。今度の舞台も楽しみだけど、やっぱり、新感線みたいな、歌あり、踊りありの、ド派手な舞台が観たいなぁ。…っていうか、VBBはLIVEシーンも結構あるから、またまたLIVE渇望に陥りました・・・。

拍手

せっかくの週末だけど、雨が降って、桜も気になるけど、気分も優れず、必要最小限の外出。近所で食事も済ませたかったけど、今日明日は、ドームでラルクのLIVEがあるので、混んでるし…。という事で、相変わらず、家の事は全然出来ないのに、智也事、TOKIO事には、いろいろ頭も体も動くので、フォルダの中から、麗しい智也を検索。「華麗なるスパイ」目には嬉しいドラマでした。マイスタ前でのナマ京介は、マジ、ステキでした♪メロンパンナちゃんも可愛かったなぁ~♪

更にフォルダを見てて、その画像の2007年8月のブログより。【「メントレ」放送開始頃、智也二十歳。私の大好物の髪型&ビジュアル♪「少年隊夢」のゲストで出たヤツは見たことあるんだけど、その中で、ニシキが「TOKIOはバンドなのに、仕事第一に考えたら、演奏したりとかさ、歌歌ったり、番組でもやんなきゃいけないのに、ナンで、一生懸命やるところが、メントレとか、電車と走ったりすることなの?」ってズバッ!と訊かれてたけど、その時に映ったリーダーや達ちゃんのビミョーな顔、印象的だわ。太一の、これまたビミョーな発言が幸い(?)して、この話題も、マボが「みんなで話すんですけど」って、バラエティがなかったらヤバかったっていう話から、ヒガシのそれぞれのキャラが出来たねという流れで一見落着。これが8年前。あれから何にも状況は変わってなくて、むしろ、バンド活動が、ますます狭められてる状態は、どのように考えていったらいいんだろうね…。】この記事から更に10年。状況は改善されるどころか…|||(-_-;)||||||

智也が何を思って、どうしたくて、行動してるのかが、判りません…。嬉しい気持ちよりも、不安に思う気持ちが優って来ちゃう…。

拍手

やっぱり、桜はいいなぁ~と、毎朝、通勤の道すがらに目を楽しませてくれる桜に嬉しくなり、でも、もう、今朝は「fragile」が頭の中で鳴るように、桜の花吹雪に、ナンか切なくもなりつつ。この週末は天気が悪そうで、残念…。リーダーがゲスト出演したNHKの番組。MCがふなこっしーと、美保純なのね。生放送なのに、トークテーマを変える度にセットを動かすという、バタバタだったけど、さすがリーダー。段取りバッチリ。トークは、聴いたことあるような話ばかりでしたが、やっぱり、メンバーの事を語るという事は、嬉しいな。MC陣が、TOKIOがカッコイイって、ベタ褒めだったということもあったしね。ふなこっしーが、何度かTOKIO LIVEに行ったと発言してたけど、AJツアーだっけ?見かけた記憶。マンハッタンで共演したからかなぁって、思ったような?…あ~、LIVE行きたい。

一体、いつ??

いや、もっと書きたい事はあるはずなんだけど…

拍手

いつもVTRで(`ε´)ぶーぶー言うけど、今回は、どうかな?ウドちゃん、盛り上げてくれるかな?
【中村七之助VS銀座ホロ酔い女子!ギャップで女性を落とす秘技】
ゲストは、5月2日から大阪松竹座新築開場二十周年記念『五月花形歌舞伎』を上演する中村七之助。女形を極める中村七之助…男も女も理解した男が熱弁!女子力あがるしぐさ&ギャップで女性落とす秘技▽デートしたい銀座ホロ酔い女子は誰?芸能人Uロケ飛び入り

女形特有の悩みや、歌舞伎のメーク“隈取り”で肌が荒れないかなど、歌舞伎役者にまつわる疑問を投げかけられる。また、勘三郎や兄・中村勘九郎とのエピソードや、自身の女性関係について明かす

拍手

先週はまだ早いと思った、お花見に、今日はいいかなぁと、恒例の武道館花見。うーん、日差しは暖かいものの、風は冷たく、ちょっぴり寒い。武道館では電機大学の入学式をやっていて、まだ3分咲きと、発表のあった、北の丸公園や千鳥ヶ淵は、それでも、結構な人出。今回は北の丸公園を、ちょっと違うルートで抜けて、清水門から出たんだけど、ココの方が、落ち着いてて、イイ感じに武道館と桜を眺められました。次に来るのは、TOKIO LIVEで、是非!と、願いながら、移動。桜めぐりの無料バスに遭遇したので、そのまま国立劇場へ。桜まつりっていうのをやってたけど、ココの方が、いろんな種類の桜がたくさん咲いてて、花見満喫出来ました。チラッと見えるTOKYO FMも、ちょっと嬉しいし。まだ桜は見頃が続きそうで、来週の太一のフラッグツアー・セレモニーでも、上野の桜を楽しめるんじゃないかと。平日だけど、前回以上に人が集まってくれることを願います…。

年々、映る時間が短くなってるような気もしないでもないのですが。本編は予告とほぼ同じアングルでしたが、「シューイチ」で流れた映像が、テロップに邪魔されず(頭は邪魔されてるけど)、映ってて、やっぱり、腰回り、細い~!と再認識。ナンで達ちゃんが調理に加わらなかったんだろう?お米対応をしたから?5人で作業をして欲しかったなぁ~。そういえば、今回、智也が食べるシーン、無かった!齋藤Dが、AD足立が出るってつぶやいてたのに、出ないから、心配されたように、カットされた⁉と思ったら、最後にオイシイ形で登場して。入って来た時、迎えるTOKIOの笑顔に、嬉しくなっちゃって。ヨコも「わー♪」って感じの表情だよね?「いつも見てます」って声かけたのは、この後かな?華やかな場で、ドキドキの彼に、智也が「数々の漂流物をね」と紹介し「緊張気味なんです!」って、フォローする優しさ♪  (* ̄。 ̄*)

撮影は順調に進んでるのかな?智也は、現場でどういう感じなのかな?音楽は、変わらず、近くにあるかな?…知りたい事はたくさんで。逢えない切なさが募る一方で。不安もなかなか拭えないし。…気持ちでの春の訪れは、まだまだ…。

拍手

[5]  [6]  [7]  [8]  [9]  [10]  [11]  [12]  [13]  [14]  [15
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1
6 8
11 15
20 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カウンター
Twitter
アーカイブ
Blogram
ブログ内検索
バーコード
アクセス解析
NINJA ANALYZE
Admin / Write
忍者ブログ [PR]